NPO法人 彦根景観フォーラム

第25回足軽辻番所サロン 芹橋生活 11/20

         足軽辻番所サロン 芹橋生活

 彦根辻番所の会は、足軽善利組の本拠地であったここ芹橋地区で、いろいろな語り手から、歴史を聞き、文化を体験し、生活の移り変わりを語り合う場を、足軽辻番所サロン「芹橋生活」として開設しています。
  参加料 資料代100円
  定員30名 駐車場はありません。駐輪場のみ
  芹橋2丁目足軽屋敷 太田邸

第25回 11月20日(日)10:00~11:30 

  江戸時代、彦根の女性の旅 
     ―自芳尼「西国順拝名所記」から―


  青柳 周一 さん(滋賀大学経済学部附属史料館教授) 

 安政元年(1854)、彦根に住む「自芳尼」という女性が、72日間に及ぶ旅に出た。彼女は、善利橋四丁目の彦根藩足軽・柴田惣次の妻であった。この旅の中で、自芳尼は西国三十三所の札所巡りを中心に、伊勢神宮や、高野山ほか紀州の名所、そして四国の金毘羅にも足を伸ばしている。自芳尼の旅日記である「西国順拝名所記」(滋賀大学経済学部附属史料館蔵)を用いて、江戸時代の女性の旅について読み解いてみよう。

主催 : 彦根辻番所の会、NPO法人彦根景観フォーラム
[PR]
by hikonekeikan | 2011-11-17 01:21 | 辻番所・足軽屋敷
<< 談話室「それぞれの彦根物語」2... それぞれの彦根物語86 ~寺子... >>