NPO法人 彦根景観フォーラム

築城400年祭《談話室》 それぞれの彦根物語 2006.11.25

【彦根物語21】
 「商店街― 過去~現在~未来」

f0017409_9221117.jpg





木下 良蔵
(彦根商店街連盟会長)


彦根商店街連盟は昭和27年に活動を始め、この50数年の間に市内の商店街は、大きく変わりました。銀座商店街では、防災街区建築により近代化されるなど、他の商店街もアーケードを設置し横のデパートとして活況を呈していました。ゑびす講大売出しでは、今津から船が着くことや汽車に乗って駅から歩いて買い物に来るお客様で、まち全体が賑わっていました。繊維産業などを中心に彦根市全体が活気を帯びていたのです。しかし、住宅の開発や交通体系・消費の変化などによって、商店街の役割も変化してまいりました。
県外資本の大規模小売店舗などの影響もあり、商店街も大変厳しい状況となってまいりましたが、彦根の顔という認識の基に「み・わ・くのまち彦根」をめざし、各商店街が活性化事業に取り組んでいます。
花しょうぶ通り商店街の町家風の概観整備(ファサード整備事業)・ナイトバザール・勝負市・人力紙飛行機コンテストや銀座商店街のアーケード整備事業、あきんど祭、登り町グリーン通り商店街の欧風のファサード整備・店先カルチャー教室、おいでやす商店街の和風のファサード整備事業・おいでやす館の活用、彦根市場商店街(四番町スクエア)のまちなか再生型土地区画整理事業・大正ロマン風のファサード整備事業・駐車場整備、その他橋本商店街の空き店舗活用事業「よりーな」など数々の方策を講じています。

f0017409_9241391.jpg
橋本商店街アーケード完成式典テープカット









f0017409_9251356.jpg
彦根商店街連盟タウンミーティング











f0017409_9301325.jpg
小学生商い体験事業










f0017409_9303849.jpg
彦根七夕まつり・土曜夜市









f0017409_936513.jpg
四番町スクエア(大正ロマン風のファサード整備)









f0017409_9364136.jpg
花しょうぶ通り商店街アートフェスタ勝負市










商店街連盟としても、売り出し事業や全市共通商品券の発行や彦根CPカードのポイント事業を実施し、消費者のみなさんにお得な事業を展開しています。
これまで、多くの先輩方が続けてこられた活動を現代に引継ぎ、彦根市をはじめとする行政や商工会議所の協力をいただきながら、今日を迎えています。
なによりもお客様のあたたかいご懇情に感謝し、今後も変わらぬご愛顧を賜りますことを願っております。

【キーワード】
彦根商店街連盟、ファサード整備事業、アーケード整備事業、空き店舗活用事業、全市共通商品券、彦根CPカードポイント事業
[PR]
by hikonekeikan | 2006-11-25 09:46 | 談話室「それぞれの彦根物語」
<< 築城400年祭《談話室》 それ... 「ぶらっと彦根・まちナビシンポ... >>