NPO法人 彦根景観フォーラム

それぞれの彦根物語58、59 開催のお知らせ

◆NPO法人彦根景観フォーラムでは、ひこね街の駅「寺子屋力石」で、土曜日の午前中に、 
 《談話室》「それぞれの彦根物語」を開いています。
◆「それぞれの彦根物語」を話の種に、みんなで語り合い、彦根での楽しみごとを共有し、
 より充実した生活につなげようという企画です。


【彦根物語58】 平成21年2月14日(土)10:30~12:00
 「彦根リキシャにかける夢」   
    竹内 洋行 (LLPひこね街の駅委員,彦根リキシャプロジェクト委員)


『彦根リキシャとは彦根製のオリジナル自転車タクシーです。
日本の町並みに似合う車体を地域に根ざす人々の技と力で作りました。
箱型のキャビンをリヤカーのように自転車で牽引して走ります。
今回は製作の意図と夢を語ります。』
d0087325_1647181.jpg


【彦根物語59】 平成21年2月 21日(土)10:30~12:00
 「報道記者が見た滋賀の政治」   
   山田 修 (元BBCびわ湖放送記者)
d0087325_16484547.gif
『滋賀県の1970年代から2000年にかけての4半世紀の政治は様々な出来事が起きた時代でした。滋賀の政治を振り返ることで政治を良くするきっかけについて共に考えたい。』



コーディネータ:山崎 一眞
 (NPO法人彦根景観フォーラム理事長、滋賀大学産業共同研究センター教授)

【会 場】街の駅「寺子屋力石」
(彦根市河原2丁目3-6 花しょうぶ通り TEL:0749-27-2810)

●《談話室》「それぞれの彦根物語」は大変好評ですので、地域活性化に
寄与する「彦根」をテーマとした語り部事業として引き続き継続していきます。
〔話し手〕として〔聞き手〕として、ドシドシご参加下さい。
[PR]
by hikonekeikan | 2009-02-11 16:54 | 談話室「それぞれの彦根物語」
<< 辻番所サロン・芹橋生活 第3回... 里のつどい4 「みそづくり体験... >>