NPO法人 彦根景観フォーラム

カテゴリ:お知らせ&NEWS ( 34 )

彦根まちづくりセミナーと西村幸夫先生を囲む茶話会 (1/24)のお知らせ

芹橋のまちづくりを語ろう
彦根まちづくりセミナーと西村幸夫先生を囲む茶話会 (1/24)のお知らせ

 1月24日(日)彦根市主催のまちづくりセミナーが開催されます。セミナー終了後、彦根景観フォーラム主催で講師の西村幸夫先生を囲む茶話会を芹橋の足軽屋敷中居邸で開催します。
市民の皆さん、まちづくりに関心のある皆さんに多数ご参加いただきますよう、お知らせします。

●歴史的景観を活かしたまちづくりセミナー 
     (第11回まちの活性化・都市デザイン競技」受賞作品発表会

日時: 平成22年1月24日(日)午後1時~4時
場所: 四番町スクエア内「四番町ダイニング」3階多目的ホール
主催: 彦根市
内容:
 基調講演 「路地からのまちづくり」
   西村幸夫氏 (東京大学教授、第11回「まちの活性化・都市デザイン競技」審査委員長)

 受賞作品発表
  1、国土交通大臣賞 「明日軽まち」 玉野総合コンサルタント㈱
  2、まちづくり月間実行委員会会長賞 「城守人の町」 大成建設㈱設計本部
  3、彦根市長特別賞 「芹橋足軽組地保存地区計画」 滋賀県立大学人間文化学部生活デザイン学科)
 講評 西村幸夫
 
 
 このセミナーは、昨年3月に彦根市芹橋二丁目地区を対象に「まちづくり」提案競技会が開催され、全国から98のグループが48のまちづくり提案を提出し、国土交通大臣賞などが選定、表彰されました。その優秀作が今回発表されるものです。詳しくは、こちらをご覧ください。
  彦根市HP: http://www.city.hikone.shiga.jp/topics/top20091224_132752.html
セミナー終了後、講師で審査委員長の西村幸夫先生を囲む茶話会を以下の通り開催します。

●西村幸夫先生を囲むまちづくり茶話会

日時  平成22年1月24日(日)16時30分~18時 
場所  芹橋二丁目 足軽屋敷 中居邸 定員約20名
主催  彦根景観フォーラム 
     ご希望の方には、セミナー会場で地図をお渡しします。


●競技テーマは「現代生活に対応した住環境と歴史的まちなみの両立」
 彦根市は、江戸時代初期に完成した近世城下町都市の典型といわれるほど歴史的価値の高い都市遺産を残していますが、それらも老朽化や地区開発により多くが失われつつあります。彦根市にとって、現代の生活や経済活性化に対応する都市づくりと歴史的な資源の保全・再生は両立のむずかしい課題です。
 市民も、歴史遺産の価値を心情的に理解しつつも、生活の利便性や商業振興、防災の観点から現代住宅の建設や「キャッスルロード」、「四番町スクエア」などの土地区画整理、都市計画道路整備を進めてきました。

 こうした中で、江戸時代に「善利組」とよばれた足軽組の屋敷があった芹橋二丁目を対象地区に第11回「まちの活性化・都市デザイン競技」が昨年開催され、優れた提案が表彰されました。テーマは、現代生活に対応する住みやすい環境づくりと歴史的な資源を活かした美しいまちなみ形成の両立です。
 24日(日)に発表される3つの提案は、以下のホームページからご覧いただけます。
  http://www.udc.or.jp/activities/design/design11_kekka.html

 芹橋地区の特徴は、江戸末期の足軽屋敷が30棟近く残っており、1間半の路地も当時のままで日本でも希少な原風景の一つが残っている反面、自動車が進入しにくく、介護や防災などの活動が制限されること、不在地主が多く古い家屋の多くが賃貸されていて住民の一体感に乏しいこと、住民の高齢化が進んでいることなどです。

 3つの提案では、幅6mの生活道路を設けるか否か、地区全体を保存対象とするのか保存部分と開発部分に分けるのかで判断が分かれています。この判断は、10年後、20年後の芹橋をどんなまちにするのかを最終的に住民自身が考えて合意しなければならないことです。

 今回の競技提案は、いずれも、まちづくりの複雑に絡んだ問題を解きほぐして整理し、個性を活かして組み立て直した優れたものばかりで、彦根市民にとって自分のまちの将来像を具体的に検討できる土台が与えられたといえます。
 多くの市民の皆様、まちづくりに関心をもつ皆様にぜひ、ご参加いただきたいと思います。

●西村先生を囲む茶話会のご案内
 彦根景観フォーラムでは、発表会終了後に一時間程度お茶を飲みながら西村幸夫先生と車座で語りあう「まちづくり茶話会」の場を設けます。
 講師の西村幸夫先生には、快くご承諾いただきました。 セミナーで提案された芹橋のまちづくり提案を題材に、皆さんが日頃まちづくりでご苦労されていることや悩み、こうありたい夢などを語り合いましょう。
 
 西村幸夫先生は、日本各地のまちづくりの現場で請われて的確な助言・指導をされているまちづくりの第一人者です。
 昨年6月に彦根景観フォーラムが開催したシンポジウムで紹介した「石見銀山協働会議」のまちづくりや「鞆の浦」のまちづくりでも調査・助言されています。
 著書も多く、近著では「路地からのまちづくり」(2006年)「まちづくり学-アイデアから実現までのプロセス」(2007年)「観光まちづくり―まち自慢からはじまる地域マネジメント (2009年)などがあります。
[PR]
by hikonekeikan | 2010-01-17 23:14 | お知らせ&NEWS

お知らせ それぞれの彦根物語70

それぞれの彦根物語70

「昭和初期の彦根」

語り手: 渋谷 淑子(グループ樟くすのき 美術教育部 金亀土壽シブヤ代表)

 シブヤ写真館初代館主渋谷定次郎(渋谷淑子の父)が撮した写真をとおして、昭和初期の彦根を語る

日時 平成21年12月19日(土)10:30~12:00
会場 ひこね街の駅「寺子屋力石」

[PR]
by hikonekeikan | 2009-12-17 23:31 | お知らせ&NEWS

お知らせ 足軽辻番所サロン・芹橋生活 12月のご案内

足軽辻番所サロン・芹橋生活    12月20日開催

テーマ:「生活してわかるパキスタンの現実

講師:督永忠子さん(芹橋出身・パキスタン在住、アフガン難民を支える会)

芹橋出身の督永さんと「芹橋の昔と今」についても話し合います。

日時:12月20日(日)10:30~12:00
場所 芹橋二丁目 太田邸   暖房費・資料代 200円

[PR]
by hikonekeikan | 2009-12-17 23:24 | お知らせ&NEWS

お知らせ 街元気セミナー IN彦根

街元気セミナー 12月19日(土)

学生と花しょうぶ通りとの連携から、彦根市内3大学と商店街・市民等の連携へ
 成功地域の取り組みを学び商店街活性化を考える!


 本セミナーは商店街の活性化やまちづくりに取り組む方々、特に新しいまちづくりの手法を検討している方々や様々な関係者と連携してまちづくりに取り組む方々に参考にしていただきたい内容です。
 セミナーにご参加いただいた方には「まちづくりのための若者連携ヒント集」を差し上げます!

日 時: 12月19日(土)13:00~16:30

場 所: 夏川記念会館 教育ホール(彦根市京町二丁目7-27)

主催等: 経済産業省、独立行政法人中小企業基盤整備機構、ランドブレイン株式会社
協 力: 彦根商工会議所

入場無料

案内・申込み http://www.machigenki.jp/content/view/359/281/ 


プログラム

 現地案内会(自由参加) 10:30 夏川記念会館前集合
        花しょうぶ通り商店街、街の駅「寺子屋力石」、第2街の駅「戦国丸」

第1部  花しょうぶ通り商店街と、大学・学生との連携による取組の紹介
第2部  大学と商店街との連携によるまちづくりの継続・発展に向けて

講師  小杉共弘(LLPひこね街の駅駅長)、柴田いづみ(滋賀県立大学教授)
     山崎一眞(滋賀大学教授)、アートフェスタ実行委員会学生代表など
[PR]
by hikonekeikan | 2009-12-17 23:17 | お知らせ&NEWS

彦根世界遺産シンポジウム2009のお知らせ

彦根世界遺産シンポジウム2009   2009/6/13(土)

 『世界の城下町彦根の未来まちづくり』

        ~石見銀山協働会議の事例に学ぶ~ 

 彦根市では、昨年「世界遺産懇話会」が提案を公表し市役所内に推進室が設置されました。また、本年1月には彦根市が国に提案した「彦根歴史まちづくり計画」が認定され、世界遺産の本格登録に向けた道筋が見えてきました。いよいよ、世界遺産登録を前提とした未来のまちづくりを議論する段階です。

 今回のシンポジウムでは、2年前に世界遺産に登録された石見銀山(島根県太田市)の市民で構成する「石見銀山協働会議」の経験と成果を学び、未来の彦根づくりに役立てたいと考えています。
 沢山の市民の皆さん、関心をお持ちの皆さんのご参加をお待ちしています。

日時 2009年6月13日(土)
会場 夏川記念館(彦根市京町)、寺子屋力石(花しょうぶ通り)
参加無料



第1部 世界遺産石見銀山に学び・未来を語る  
    会場:夏川記念館   時間:10:30~12:30
1, 「歴史まちづくり」から世界遺産登録へ
      濱崎一志 氏(彦根景観フォーラム副理事長、滋賀県立大学教授)

2, 事例報告「石見銀山協働会議の経験」
      波多野 諭 氏(「石見銀山協働会議」副会長)

3, 討論 「彦根歴史まちづくりと市民の協働」
      コーディネータ:山崎一眞 氏(彦根景観フォーラム理事長、滋賀大学教授)

第2部 歴史的風致をめぐる 13:30~15:15 

街の駅「寺子屋力石」(集合)-西覚寺-千代神社-金亀会館(旧彦根藩藩校)-長松院-大信寺-来迎寺-芹組辻番所-足軽組屋敷中居邸-芹川犬走り-芹川けやき道-七曲がり-街の駅「戦國丸」(解散)
     リーダー:松居敏彦 氏(彦根ボランティアガイド)

お申し込み、お問い合わせ 
   Tel 0749-27-1141(滋賀大学産業共同研究センター)
   E-mail jrc@biwako.shiga-u.ac.jp
[PR]
by hikonekeikan | 2009-05-24 17:49 | お知らせ&NEWS

第2回&第3回 歴史・景観・まちづくりフォーラム開催のご案内

彦根 歴史・景観・まちづくりフォーラム

日時:2月21日(土)開場午後6時30分・開始午後7時~9時 
会場: ひこね街の駅「寺子屋力石」


f0017409_1257837.jpg彦根の歴史を尊重し、未来への布石となる知恵を話しあうフォーラムを開催いたします。


昨年の第1回フォーラムでは、文化庁の苅谷監査官から重要伝統的建造物群保存地区と は、登録文化財とはどういう制度なのか解説していただきました。制度を知ること は大きな意味で徳します

平成21年1月19日、国土交通省、文化庁、農林水産省は、「地域における歴史的風致 の維持及び向上に関する法律(歴史まちづくり法)」に基づき、金沢市(石川県)、 高山市(岐阜県)、彦根市(滋賀県)、萩市(山口県)、亀山市(三重県)の5市を 認定しました。 同法は、平成20年年11月に施行されました。

歴史街づくり法⇒詳細
我が国のまちには、城や神社、仏閣などの歴史上価値の高い建造物が、またその周辺には町家や武家屋敷などの歴史的な建造物が残されており、そこで工芸品の製造・販売や祭礼行事など、歴史と伝統を反映した人々の生活が営まれることにより、それぞれ地域固有の風情、情緒、たたずまいを醸し出しています。
「歴史まちづくり法」は、このような良好な環境(歴史的風致)を維持・向上させ後世に継承するために制定されました。


第2回と第3回は、歴史まちづくりについて、彦根市文化 財課・都市計画課から説明 いただきます。渋谷博氏の彦根の今昔もデジタル化して将 来には、共有の財産になる システム開発をいたしました。その報告もいします。歴 史や景観は、大事な地域の 文化です。
育った街の再評価の為、写真も大事な資料です。古い写真をお持ちの方は、是非、お 持ちよりください。

f0017409_1384415.jpg


■第2回 歴史・景観・まちづくりフォーラム

日時: 2月21日(土)開場午後6時30分・開始午後7時~9時 
会場: ひこね街の駅「寺子屋力石」


・彦根市の歴史まちづくり 彦根市文化財課課長・谷口徹氏

・彦根の絵葉書   滋賀県立大学・細馬宏通准教授

・彦根の今と昔について その2 渋谷写真館・渋谷博氏
       
・デジタルアーカイブ報告   星陵女子大学・沢野伸浩准教授  
     
・歴史・景観・まちづくりフォーラムの意義 滋賀県立大学・柴田いづみ教授

■第3回 歴史・景観・まちづくりフォーラム 

日時: 3月1日(日)開場午後1時30分・開始午後2時~4時  
会場: 夏川記念会館
  

・歴史まちづくりの方針     彦根市都市計画課課長補佐 寺田修 氏  

・彦根の映像とトーク      渋谷写真館・渋谷博氏 
                  滋賀県立大学・細馬宏通准教授 
                         
・歴史・景観・まちづくりフォーラムまとめ  滋賀県立大学・柴田いづみ教授        

f0017409_1304325.jpg

[PR]
by hikonekeikan | 2009-02-19 19:38 | お知らせ&NEWS

速報 彦根の耐震改修 内閣総理大臣賞を受賞!

寺子屋力石の耐震改修と市民の取り組みが、
第2回 日本耐震グランプリ  
           内閣総理大臣賞 受賞



木造伝統構法による耐震改修実例とその普及戦略      NPO法人 彦根景観フォーラム
d0087325_23283537.jpg


内閣総理大臣賞を受賞した取り組み

■ 防災・耐震・まちづくりフォーラム+木造伝統構法彦根研究会
  2005年年度、京都大学の丸谷浩明教授(当時)と防災・耐震の地域アンケートを行いました。  花しょうぶ通り周辺地域の約350世帯に対して、約40%の回答を得ました。

 耐震診断は39%が受けたいというのに留まっており、面倒であると言うものもあり、一方、「身近に耐震改修実例があれば」という意見がありました。

 滋賀県は新耐震基準をみたしていない1981年以前の建物が10万棟もあります。
  実際に県内で耐震改修されたのは、ここ5年間で50棟余りにすぎません。

 2006年度、内閣府の事業により、防災・耐震・まちづくりフォーラムを開催し、4回のフォーラム、3回のワークショップを行いました。 フォーラム成果としては、

●彦根市は防災・耐震に対する「地域再生計画」を策定
●滋賀県では防災のポータルサイト開設
●造園協会と滋賀県災害初動時に重機出動の防災協定締結
というものでした。

  ワークショップでは、60年代の防災街区ビルのコンクリート柱6本(1階部分)をSRF耐震補強し、実例を市民に見てもらいました。

■木造伝統構法による寺子屋力石の耐震改修
 2006年から分科会の木造伝統構法彦根研究会を開催し、彦根には古い木造伝統構法の建物が多い事から、研究会としての活動拠点でもある「寺子屋力石」において木造伝統構法の耐震改修実例を作ることとしました。
  江戸時代から寺子屋としての記述があり、約250年前の建物と言われています。現代の寺子屋としても多くの人の集まる場所の安全・安心の確保も必要です。

  2007年10月に、棟梁の指導を受け、1ヶ月100人のボランティア(写真参照)により耐震改修工事を行いました。
  専門家と市民が一緒に活動し、実例を見ることにより、市民の方々に自分の家の耐震対策をたててもらいたいことと、非常・日常を問わず、心やコミュニティを繋ぐことになると考えました。
d0087325_23152061.jpg

          滋賀県立大学生・滋賀県立彦根工業
          高校生・市民・行政、1ヶ月100人の参加

■木造伝統構法 耐震改修のポイント 
  木造伝統構法彦根研究会では、鈴木有・金沢工業大学名誉教授の監修のもと、地震に粘り強く耐える伝統民家の特徴を最大限に引き出す耐震改修の方法を、3つの基本方針と5つの指針にまとめました。
  その中で、斜材(筋交い)は使ってはいけない事、大事な柱には壁を作る事等を指針としています。
d0087325_23155337.jpg

            耐震改修前と耐震改修後の内部

  歴史的建物を耐震改修することは、命を守ると同時に地域の文化を守ることで、建物を長寿命化することは、環境建築としての重要項目です。日本各地の歴史的街並みを守る為にも成果を公表していきます。

【今後の取り組み】
 古民家トラストを立ち上げ、足軽屋敷群の「辻番所」の買取(その後市が買取、文化財として仮耐震補強中)。多賀町にある一円邸(江戸時代)の実測調査ワークショップを開催し、「里の駅」とし、まちづくりと防災・耐震化を同時に進めています。

  自宅の耐震改修をという申し出や質問がすでにあります。耐震に対する構造計算の法律的な問題、資金的な問題をクリアできる基準づくりについて、国や地元自治体への働きかけを始めています。 木造伝統構法の構造計算である限界体力計算においては、行政も理解していないことが多く、県、市町村の行政担当者講習会での講師も行ってきましたが、さらに継続します。

一般建築家も、理解なしに耐震改修していることが多いので、問題点を広報し、各地での歴史的建物、景観の保存に役立ててもらいます。

  耐震壁とする木格子について、縦横部材寸法の各種組み合わせによる強度実験を繰り返し、部材寸法・仕様をデータ化して公表します。
[PR]
by hikonekeikan | 2008-11-05 23:35 | お知らせ&NEWS

彦根まちづくり情報誌「きらっと彦根」12号 できました

彦根景観フォーラムの彦根まちづくり情報誌「きらっと彦根」12号ができました。

 特集は、3月15日に開催したシンポジウム「足軽屋敷と辻番所 そして芹橋地区の未来と彦根」です。
 また、彦根市世界遺産懇話会の報告、彦根古民家再生トラスト、城下町ひこね「戦国商店街」宣言と新キャラクター「いしだ みつにゃん」おひろめ などを掲載しています。

彦根市花しょうぶ通り「寺子屋力石」、「戦国丸」においています。無料です。
お読みいただいて感想をブログにお寄せください。
[PR]
by hikonekeikan | 2008-04-20 09:27 | お知らせ&NEWS

第1回 芹橋・辻番所シンポジウム のおしらせ

NPO法人彦根景観フォーラムでは、3月15日(土)13時より、「第1回 芹橋・辻番所シンポジウム」 を開催いたします。
市民の皆様のご参加をおまちしています。
----------------------------------------------------------------

d0087325_0585832.jpg
  

    『公開・足軽辻番所 そして 芹橋地区の未来と彦根』

【日 時】 平成20年3月15日(土)13:00~16:15
【会 場】 辻番所のある足軽屋敷 (彦根市芹橋二丁目5-19:旧12丁目)

【第1部】 『足軽辻番所を見学し、芹橋地区を探訪する』 13:00~
     谷口 徹 氏(彦根市教育委員会)、ボランティアガイドのみなさん

【第2部】 『辻番所を持つ足軽組屋敷の再生と活用を考える』
  1.話題提供「辻番所を持つ足軽組屋敷の修復について」
     濱崎一志(彦根古民家再生トラスト理事、滋賀県立大学教授)
  2.話題提供「辻番所をもつ足軽組屋敷を活用した足軽コモンズ構想」
     山崎一真(彦根古民家再生トラスト理事長、滋賀大学教授)
  3.意見交換

【第3部】 『芹橋地区の未来を考える』
  1.講演「路地裏の魅力と再生」
     青木 仁 氏 (東京電力株式会社 技術開発研究所 主席研究員)
  2.意見交換

------------------------------------------------------------------
主 催:彦根古民家再生トラスト、芹組倶楽部、NPO法人彦根景観フォーラム
共 催:滋賀大学産業共同研究センター、滋賀大学地域連携センター
※参加費無料  ※定員:50名
[PR]
by hikonekeikan | 2008-03-11 01:00 | お知らせ&NEWS

『100年前に描かれた彦根』が本になりました!

築城400年祭《談話室》「それぞれの彦根物語」で話題になった『100年前に描かれた彦根』が本になりました!
A5判、72ページ、700円。 ひこね街の駅「寺子屋力石」で独占販売中。
d0087325_1911538.jpg

『100年前に描かれた彦根』は、100年前に来日したイギリス人水彩画家アルフレッド・パーソンズさんの話です。彼は、明治25年3月から12月までの約9ヶ月間、日本の四季や風物を楽しみ、景色や花をスケッチしました。彦根には、5月中旬から6月中旬まで滞在し、秋にもやって来ます。パーソンズさんは、とても彦根が気に入ったようでした。

100年前の彦根は、どんなようすだったのでしょう?彦根の人たちは?パーソンズさんはどこを描いたのかな? どうぞ買って読んで下さい。
[PR]
by hikonekeikan | 2007-06-25 19:19 | お知らせ&NEWS