NPO法人 彦根景観フォーラム

カテゴリ:彦根遊び博( 5 )

彦根遊び博&彦根景観シンポジウム2007

『彦根遊び博&彦根景観シンポジウム2007』 

日 時: 2007年10月20日(土)
第1、2部会場/第3部集合場所: 滋賀大学講堂

滋賀大学では「キャンパスパビリオン 士魂商才館」開催 10月13日~28日

d0087325_1665055.jpg


【第1部】 講演会「世界遺産をめざす彦根の課題」 
             講師:西川幸治(元滋賀県立大学学長)10:00~10:50


現在の日本では、13の世界遺産があります。彦根城も初期から暫定リストに載っています。先頃の全国紙ではかなり低いと報じられました。また、先日の報道では暫定リストのトップといわれていた石見銀山も「顕著な普遍的価値」に対し、新たに見直しが要請されながらも、無事登録が可能となりました。しかし、世界遺産登録に関する国際条約も発足以来姿形を変えてきています。
もう一度、世界遺産をめざす彦根の課題について研究してみましょう。

【第2部】 討論「彦根城の世界遺産登録への期待」
             コーディネータ:山崎一真(滋賀大学教授)11:00~12:00


彦根市では、市長を中心として新たに「世界遺産懇話会」が誕生し、彦根城の世界遺産登録に向けた議論が交わされています。当然我々市民の思いや意見もこの「世界遺産懇話会」の議論に反映されなければ意味がありません。
世界遺産をめざす彦根の課題について、討議してみようではありませんか。


d0087325_167141.jpg


【第3部】 彦根の街を歩こう『彦根遊び博2007』 13:00~16:30

■コース14 芹川堤の自然と歴史で遊ぼう■コース

芹川包みの自然(植生)の魅力に触れてみましょう。彦根城築城以前の芹川に思いを馳せてみませんか。そして、芹川包みに素晴らしい発見があるかもしれません。復活をめざす湖東焼きの魅力とこれに取り組む皆さんの努力にも迫ります。

■コース15 彦根城内の自然で遊ぼう■コース

彦根城内の自然(植生)の魅力に触れてみましょう。多くの人は構造物だけに目を向け、植生など自然を考えることはありません。オニバスの絶滅の危機を訴える人もいます。みんなでもう一度、彦根城内の自然を考えてみましょう。そこには素晴らしい発見があるに違いありません。
------------------------------------------------------------------
主 催:NPO法人彦根景観フォーラム
共 催:彦根市、彦根商工会議所、(社)彦根観光協会、
    滋賀大学産業共同研究センター、滋賀大学地域連携センター

※申込み先:NPO法人彦根景観フォーラム
E-MAIL:hikonekeikan@hotmail.com
TEL:080-1416-5968/0749-27-1141
(E-MAIL及びFAXによる申込みの場合、受付けた旨の連絡は行いませんが、定員
に達した時はお断りの連絡をさせていただきます。)

※お願い:大学の駐車スペースは限られていますので、できるだけ公共交通機関をご利用下さい。


d0087325_1674525.jpg

----------------------------------------------------------------
【参加申込みフォーム】下記1~6より選択いただき、
E-MAIL:hikonekeikan@hotmail.comまで返信下さい。

『彦根遊び博&彦根景観シンポジウム2007』

2007年10月20日(土)
1.【第1部】 講演会「世界遺産をめざす彦根の課題」
2.【第2部】 討論「彦根城の世界遺産登録への期待」 
3.【第3部】 彦根の街を歩こう『彦根遊び博2007』 ■芹川堤の自然と歴史で遊ぼう■コース
4.【第3部】 彦根の街を歩こう『彦根遊び博2007』 ■彦根城内の自然で遊ぼう■コース

への参加を申込みます。

参加者氏名 :
貴社・貴団体名:
所属部署:
所在地: 〒
TEL:
FAX:
E-mail:
(申込時の個人情報は行事運営と今後のセミナー等の案内に利用し、
それ以外には利用いたしません。)

以上
[PR]
by hikonekeikan | 2007-10-08 16:50 | 彦根遊び博

『彦根遊び博2007』

滋賀大学産業共同研究センター・地域連携センターからのお知らせです。
平素は当センターにご支援ご協力いただきましてありがとうございます。
さてこの度、NPO法人彦根景観フォーラムとの共催事業として、

『彦根遊び博2007』

を開催いたしますのでご案内します。
お気軽に御参加ください♪
-----------------------------------------------------------------
 『彦根遊び博2007』  

○日時:2007年9月8日(土)13:00~16:30

f0017409_17464211.jpg■脇街道・七曲がりで遊ぼう■コース
集合場所:寺子屋力石(彦根市河原2丁目3-6)
伝統的な町家建築の公開や新しい町家の住まい方などの解説や、七曲がり仏教職人の技術に触れてみませんか。七曲がりの仏教書ギャラリー(朝枝家)や花の生涯の舞台となった袋町の見学もあります。



f0017409_1749223.jpg■鳥居本宿で遊ぼう■コース
集合場所:アルプラザ彦根6階「大学サテライトプラザ彦根」前のロビー
     (JR彦根駅前)
中山道の江戸から63番目の「鳥居本宿」は、百々村から彦根道に分岐し、まさに交通の要所でした。本陣・脇本陣跡のほか、有名な合羽やさん、赤玉神教丸のお店等が現存しています。


○日時:2007年9月15日(土)13:00~16:30

集合場所:アルプラザ彦根6階「大学サテライトプラザ彦根」前のロビー
(JR彦根駅前)
f0017409_17535919.jpg■天寧寺で遊ぼう■コース
城下町を一望できる丘の上にある曹洞宗の寺。本堂は簡素な造りですが、境内の十六体の羅漢、木造五百羅漢が有名。庭は借景の石州流庭園で、羅漢堂の東に地蔵像があり、山門脇に直弼の供養塔や長野主膳の墓、たか女の碑などが寺院内にあります。百年前の英人のお話もきけるでしょう。


f0017409_17571150.jpg


■佐和山周辺で遊ぼう■コース
清涼寺、その奥には井伊家の菩提寺龍譚寺、そして井伊神社が並ぶよう
に建っています。そして、大洞弁才天へは車道の急坂が続いています。
すばらしい庭園の見学や良いお話がきけるかも。




------------------------------------------------------------------
主 催:NPO法人彦根景観フォーラム
共 催:彦根市、彦根商工会議所、(社)彦根観光協会、
    滋賀大学産業共同研究センター、滋賀大学地域連携センター

※問合せ先:滋賀大学産業共同研究センター
〒522-8522彦根市馬場1-1-1
E-MAIL:jrc@biwako.shiga-u.ac.jp
TEL:0749-27-1141/ FAX:0749-27-1431まで。
(E-MAIL及びFAXによる申込みの場合、受付けた旨の連絡は行いませんが、定員
に達した時はお断りの連絡をさせていただきます。)



f0017409_18542536.jpg■彦根八景
「武士(もののふ)の夢 佐和山」

石田三成が五層の天守を持つ、立派な城を構えていたといわれる佐和山。関ヶ原の戦いで敗れた後、彦根城築城にともない廃城となりました。建築物の多くは彦根城や山麓にある清凉寺、龍潭寺等に移築されたそうです。現在は山頂までのハイキングコースが整備されています。
[PR]
by hikonekeikan | 2007-08-17 19:10 | 彦根遊び博

『彦根遊び博&彦根景観シンポジウム2007』

d0087325_17232432.jpg

『彦根遊び博&彦根景観シンポジウム2007』

            日 時: 2007年6月9日(土)
第1、2部会場/第3部集合場所: 夏川記念館(彦根市京町2丁目)

【第1部】 講演会                  10:00~10:50

■「世界遺産とは」 講師:谷口 徹(彦根市教育委員会)

現在の日本では、13の世界遺産があります。彦根城も初期から暫定リス
トに載っていますが、先頃の全国紙ではかなり低いと報じられました。
また、先日の報道では暫定リストのトップといわれていた石見銀山も「顕
著な普遍的価値」に対し、新たに見直しが要請されています。
世界遺産登録に関する国際条約も発足以来姿形を変えてきています。もう
一度、世界遺産とはどのようなものであるかを、研究してみようではあり
ませんか。


【第2部】 井伊家発祥の地
       ―「浜松市引佐(いなさ)」との交流会  11:00~12:00


■「井伊の故郷が彦根に寄せる思い」 講師:武藤 全裕(引佐龍譚寺)
■映像と語りで綴る『井の国千年物語』  井の国歴史研究会


静岡県浜松市引佐町は、井伊家発祥の地。井伊家の故郷の皆さんが400年祭
にあわせて、お祝いに出席されます。
「井伊家の残した田楽 川名ひよんどり」、「井伊直政の残した箕輪、高
崎の報告」など、多彩なお話が期待されます。


【第3部】 彦根の街を歩こう『彦根遊び博2007』part3  13:00~16:30

■善利組組屋敷界隈で遊ぼう■コース

現存する足軽屋敷の特別公開と、武家建築の特徴や生活の解説のほか、湖東
焼きの魅力にも触れてみよう。そして、昔ながらの製法にこだわる湯葉に出
会えるかも。

■内曲輪・城郭で遊ぼう■コース

元藩校施設の「金亀会館」をはじめ、西郷屋敷跡、ヴォーリズ建築の粋等、
また彦根城の内曲輪周辺の散策と、新たな側面からの彦根城に迫ります。
彦根城の素晴らしさを満喫してみませんか!

-------------------------------------------------------------------
【『彦根遊び博2007』 次回予告】

日  時:2007年6月23日(土)13:00~16:30
集合場所:アルプラザ平和堂6階 大学サテライトプラザ彦根(彦根駅前)

■天寧寺で遊ぼう■コース

城下町を一望できる丘の上にある曹洞宗の寺。本堂は簡素な造りですが、
境内の十六体の羅漢、木造五百羅漢が有名。庭は借景の石州流庭園で、羅
漢堂の東に地蔵像があり、山門脇に直弼の供養塔や長野主膳の墓、たか女
の碑などが寺院内にあります。百年前に滞在した英国人画家のお話も聞け
るでしょう。

■佐和山周辺で遊ぼう■コース

清涼寺、その奥には井伊家の菩提寺龍譚寺、そして井伊神社が並んで建っ
ている。大洞弁才天へは車道の急坂が続いている。素晴らしい庭園の見学
や良いお話が聞けるかも!

------------------------------------------------------------------
主 催:NPO法人彦根景観フォーラム
共 催:彦根市、彦根商工会議所、(社)彦根観光協会、
    滋賀大学産業共同研究センター、滋賀大学地域連携センター

※申込み先:NPO法人彦根景観フォーラム
E-MAIL:hikonekeikan@hotmail.com
TEL:080-1416-5968/0749-27-1141
(E-MAIL及びFAXによる申込みの場合、受付けた旨の連絡は行いませんが、定員
に達した時はお断りの連絡をさせていただきます。)

※お願い:夏川記念館周辺には、駐車スペースがありませんのでご配慮の程お願い
します。
----------------------------------------------------------------
【参加申込みフォーム】下記1~6より選択いただき、
E-MAIL:hikonekeikan@hotmail.comまで返信下さい。

『彦根遊び博&彦根景観シンポジウム2007』

2007年6月9日(土)
1.【第1部】 講演会「世界遺産とは」
2.【第2部】 井伊家発祥の地―「浜松市引佐(いなさ)」との交流会  
3.【第3部】 『彦根遊び博2007』 ■善利組組屋敷界隈で遊ぼう■コース
4.【第3部】 『彦根遊び博2007』 ■内曲輪・城郭で遊ぼう■コース

2007年6月23日(土)
5.『彦根遊び博2007』■天寧寺で遊ぼう■コース
6.『彦根遊び博2007』■佐和山周辺で遊ぼう■コース

への参加を申込みます。

参加者氏名 :
貴社・貴団体名:
所属部署:
所在地: 〒
TEL:
FAX:
E-mail:
(申込時の個人情報は行事運営と今後のセミナー等の案内に利用し、
それ以外には利用いたしません。)

以上
[PR]
by hikonekeikan | 2007-05-23 17:28 | 彦根遊び博

彦根遊び博2007

彦根の新しい「まち歩き」・・・
        彦根を歩いてスローな遊びをしよう。
       『彦根遊び博2007』(4月)

 「彦根遊び博」とは、それぞれの人が、自分だけが知っている彦根を
紡いで、皆で楽しむ「遊び博覧会」に進化させたものです。昨年NPO法人
彦根景観フォーラムが主催した彦根城築城400年祭《談話室》「それぞれ
の彦根物語」で話題となった、彦根の新しい遊び方で現地をみんなで歩
いてみませんか。

-----------------------------------------------------------------
1.■芹川堤の自然と歴史で遊ぼう■コース
平成19年4月21日(土)13:00~16:30
【集合場所】 街の駅寺子屋力石(彦根市河原2-3-6) 

芹川堤の自然(植生)の魅力にふれてみましょう。彦根城築城以前の芹
川に思いを馳せてみませんか。芹川堤に素晴らしい発見があるかもしれ
ません。
そして、復活を目指す湖東焼の魅力とこれに取り組む皆さんの努力に迫
ります。

2.■雨壺山の自然と歴史で遊ぼう■コース
平成19年4月21日(土)13:00~16:30
【集合場所】 街の駅寺子屋力石(彦根市河原2-3-6)

雨壺山は、30年ほど前に市が整備した公園です。彦根城築城に伴い、山
の周囲には金亀山から移転された多くの社寺が残っている。公園内には
、遊歩道が整備され多くの市民の散策コースになっている。長久寺・紅
梅古木・彦根神社も見応えあります。

----------------------------------------------------------------------

3.■脇街道・七曲がりで遊ぼう■コース
平成19年4月28日(土)13:00~16:30
【集合場所】 街の駅寺子屋力石(彦根市河原2-3-6) 

伝統的な町家建築の公開や新しい町家の住まい方などの解説や、七曲が
り仏壇職人の技術に触れてみませんか。七曲がり仏教書ギャラリー(朝
枝家)や花の生涯の舞台となった、袋町の料亭の見学もあるかも・・。

4.■高宮宿で遊ぼう■コース
平成19年4月28日(土)13:00~16:30
【集合場所】 高宮地域文化センター(彦根市高宮町)

中山道では武蔵国本庄宿に次ぐ第2の大宿「高宮宿」は、宿駅と併せて
多賀大社の門前町や高宮布の集積地として栄えた。当時の姿を残す旧近
江商人「布惣」さんや旧庄屋宅「馬場」宅がのぞけるかも・・。
-----------------------------------------------------------------

d0087325_20323196.jpg

【今後の予定】 -詳細は後日お知らせします-

△講演会「世界遺産とは」△

平成19年6月9日(土)10:00~12:00 会場:夏川記念館(彦根市京町2丁目)
・井伊家発祥の地 浜松市引佐との交流会
・井伊の故郷が彦根に寄せる思い 引佐龍潭寺 武藤全裕
・映像と語りで綴る『井の国千年物語』 井の国歴史研究会


■善利組組屋敷界隈で遊ぼう■コース
平成19年6月9日(土)13:00~16:30 

■内曲輪・城郭で遊ぼう■コース
平成19年6月9日(土)13:00~16:30 

■天寧寺で遊ぼう■コース
平成19年6月23日(土)13:00~16:30

■佐和山周辺で遊ぼう■コース
平成19年6月23日(土)13:00~16:30

-----------------------------------------------------------------
※各彦根遊び博とも参加料無料 施設入場料・交通費・茶菓子等は実費
 とします。
※参加申込みは、準備の都合もあり、実施日前の木曜日までにお願いし
 ます。
※8月には滋賀大学キャンパスツーリズム、9月からは秋の彦根遊び博
 シリーズも予定しています。
------------------------------------------------------------------
主 催:NPO法人彦根景観フォーラム
共 催:彦根市、彦根商工会議所、(社)彦根観光協会、
    滋賀大学産業共同研究センター、滋賀大学地域連携センター

※申込み先:滋賀大学産業共同研究センター
〒522-8522彦根市馬場1-1-1
E-MAIL:jrc@biwako.shiga-u.ac.jp
TEL:0749-27-1141/ FAX:0749-27-1431まで。
[PR]
by hikonekeikan | 2007-04-17 09:25 | 彦根遊び博

国宝・彦根城築城400年祭の協賛事業(支援事業)に「彦根あそび博」

国宝・彦根城築城400年祭の協賛事業(支援事業)に「彦根あそび博」決定

d0087325_19335181.jpg
国宝・彦根城築城400年祭を盛り上げるため、平成18年10月1日(日)~平成19年3月31日(土)の間に市内の団体等が行う創意と工夫をこらした事業企画を募集したところ、13件の応募をいただきました。審査の結果、支援事業として決定しました。


d0087325_4352080.gif



■支援の内容■
市内に活動拠点を置く団体、事業所、サークル等が国宝・彦根城築城400年祭を盛り上げるために、市内で実施する創意と工夫を凝らした事業に支援金を交付する。
支援金は支援対象となる経費の1/2(ただし、支援対象経費が20万円以上の事業を対象とし、支援金の上限は25万円)

d0087325_4313714.jpg
■彦根あそび博■
事業主体:特定非営利活動法人 彦根景観フォーラム
実施期間:H18年11月上旬~H19年11月
実施場所:彦根市内各所
内容:新たな体験型観光を提案するため、講演会と街あるきをあわせた事業を展開支援予定額:250,000円
[PR]
by hikonekeikan | 2006-09-07 04:30 | 彦根遊び博