NPO法人 彦根景観フォーラム

<   2006年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

【彦根物語3】 「林檎・ワリンゴ・彦根りんご」2006.05.17

【彦根物語3】 「林檎・ワリンゴ・彦根りんご」

f0017409_16193551.jpg




堀井 靖枝
(滋賀大学経済学部附属史料館助手)


 
「林檎」は平安時代に中国より伝来された「苹果(びんご)」を原種とし、西洋リンゴの普及する以前の総称でした。「ワリンゴ」「ジリンゴ」ともいわれ、この系統にあるのが「彦根りんご」です。『頭書増補訓蒙図彙大成』(寛文6年1666)によると來禽(りんご)は「気を下し、痰を消し、霍乱、腹の痛み、消化(渇)を治す。」とあります。『享保元文諸国産物帳』(1734年)でも林檎の栽培の南限は豊後の国までのび、日本の各地で気候に適した品種がそれぞれの呼び名で栽培されていたことがうかがえます。

彦根りんごが一般に紹介されたのは昭和55年(1980)、村松七郎氏が著した『彦根の植物』によってです。最後の1本が昭和30年代に姿を消しますが、村松氏が聞き取りされた、栽培者の北川はるさんの言葉を借りると彦根りんごとは次のようなものでした。

明治から大正にかけて、今の彦根西高校の運動場付近に60~70アールのりんご農園が農家の共同経営でなされていた。熟期は8月中旬、その頃に夜間の冷気が感じられるようになると、果面黄緑の地に鮮やかな紅色が斑状に現れてくる。お盆の供物に重宝された。一面には赤くならない。肉質は西洋リンゴより緻密で、歯切れがいい。酸味は割合多いが、紅熟すると甘みが加わり独特の味覚が出てくる。実がたわわになるので、北国の雪吊りのように四方の枝を縄でつるのが習慣だった。

また、『彦根の植物』のグラビアを飾ったのが、岡島徹州画伯の「彦根りんご図」です。先の北川さんのお話と、忠実に写されたこの絵が彦根りんごを復活するてがかりです。

江戸時代中期より、彦根藩井伊家文書や藩士の家の文書に城下の林檎は多く登場します。十代目藩主直幸(なおひで)が青年期に講釈中の菓子として初物の林檎を供されたことや、後に大老となってから将軍に献上する藩の特産の一品に林檎を選んだ記録が残されています。また、藩士の中には借金をして栽培を試みたり、栽培それ自体を投機の対象と考えた者もいたようですが、一般に他の果樹とともに庭木として林檎を植えた例もみられます。近代に入ると、明治13年の『滋賀県物産誌』彦根町の欄には「檎1088貫、372円」と年間収穫高が記されています。明治35年滋賀県師範学校附属小学校主事校閲の『新撰近江地誌』には彦根の名産として掲載され、昭和37年の『彦根市史』にも彦根の名物として一項が立てられています。しかしながら、昭和23年『滋賀県報告書』では栽培を示す記載は見られず、彦根城下限定でのそう多くはない栽培ではなかったかと考えられます。

この春、彦根りんごを復活する会は発足から3年目の接ぎ木を終えられました。桜のあとに咲く淡いピンクの花、可憐な実をつける彦根りんごが夏の風物詩として、再び彦根の地に復活することを祈るばかりです。


f0017409_1782898.jpg

















f0017409_1711443.jpg











f0017409_15275253.jpg






【キーワード】
苹果(びんご)  
霍乱(かくらん)   
『彦根の植物』   
「彦根りんご」
雪吊り    
御菓子
投機  
かわらひわ(河原鶸) 
風物詩
An apple a day keeps the doctor away.
[PR]
by hikonekeikan | 2006-05-27 19:33 | 談話室「それぞれの彦根物語」

2006.5.20

【彦根物語2】「私の好きな彦根のスポット―春の芹川堤並木と観音山―」 

f0017409_17414133.jpg




金子 孝吉(NPO法人彦根景観フォーラム会員、
滋賀大学経済学部教授、近代文学研究)



「私の好きな彦根のスポット」ということで、今回は、私の住まいのすぐ近くにある芹川堤並木と観音山、それも主としてそれらの春の風景と歴史について話をいたしました。
芹川堤並木は、私が散歩や通勤の際によく利用する道です。この並木は、彦根城築城の折に防護堤用に今の川筋に植えられたものです。通常は「芹川けやき道」と呼ばれており、確かに堂々としたケヤキの巨木が目立ちますが、その他にも、同じニレ科のエノキやムクノキやアキニレの大木、またマメ科のサイカチ、さらにサクラの木も数多く見られます。

f0017409_1743794.jpg f0017409_174846100.jpgf0017409_17585095.jpg












f0017409_17492824.jpgf0017409_17522075.jpg









ここは四季それぞれに趣きがありますが、芹川の水面に向かって花を豊かにつけた枝を垂れる‹前座〉のサクラ、また〈主役〉であるニレ科の巨樹たちの初々しい芽吹きと柔らかな新緑、さらには、大木の下に純白のレースのような花を咲かせるシャクや甘い香りを漂わせるナノハナ等の〈脇役〉たちが次々に登場してくる春の季節がもっとも美しいと私は思っています。
談話室では、並木道で見られるムクノキの遠慮がちに咲く可憐な花や、サイカチの幹や枝にある恐ろしい棘とユニークな鞘などについても取りあげ、回を重ねて観察するたびに新たな発見と喜びがある芹川堤並木の魅力を語りました。

さて、私の住まいから歩いて五分ほどのところに「雨壺山」があります。しかし、私たちの町内の住民たちの間では、彦根市街地の真ん中に浮島のように盛り上がっているこの山は「観音山」と呼ばれています。この山の麓には古い歴史を有する神社や寺院がいくつもあります。今回、それらの寺社群のなかから私にとくに馴染みのある彦根神社と長久寺について、その歴史や見所を話しました。

f0017409_1885486.jpgf0017409_1892260.jpg












観音山はまた、私にとっては格好の植物観察のフィールドでもあります。ここはいわゆる「里山」で、落葉広葉樹を主体とした二次林が面積の多くを占めています。昔は薪炭料として利用するために植えられたアベマキやコナラが、今では大きく立派な木に育っています。アベマキのコルクのような樹皮、コナラの英雄然とした枝の広げぶりは、ここを歩く人々の目を引きつけます。それらの木々の生き生きとした新緑の時期はほんの一時(いっとき)のことですが、それらがもっとも美しい姿を見せるときであると私は思っています。その他、同じ落葉樹のムクノキやケヤキも生えており、さらには、もともとこの山に自生していたと考えられるアラカシやタブノキなどの照葉樹の大木も豊富に見ることができます。それらはいずれも高木ですが、それらの陰のなかで頑張って育っているカクレミノやアズキナシ、コマユミなどの木々のことも忘れるわけにはいきません。ことに、同じ木の葉なのに、卵型と3~5裂する葉の2種類の葉をもつカクレミノは、ここの雑木林の中でもとてもよく目立つ木です。
公園として整備されている観音山には様々な種類のサクラやツツジなどが多く植えられていて、それらの花期には、訪れる人たちの目を楽しませています。また、タケノコや豊富な種類のキノコなどの山菜も、市街地の中央にある山としては意外なほど多産です。アケビもあり、秋になると甘い実をつけるだけでなく、春にはその知られざる美しい花を披露しています。
観音山は私にとって、いつでも気軽にでかけることのできる親しい里山であり、このような自然が豊かに残る丘のすぐ近く住んでいる幸運を私はいつも感じています。今回の談話を通して、私が普段から親しんでいる芹川堤並木と観音山の魅力を、聴講してくださった多くの皆さんに伝えることができたとすれば幸いです。

f0017409_18135469.jpgf0017409_18143495.jpg











f0017409_18145449.jpg









f0017409_18232484.jpgf0017409_18233584.jpg










【キーワード】
芹川 ・ けやき道 ・ エノキ ・ ムクノキ ・ アキニレ ・ サイカチ ・観音山 ・ 彦根神社 ・長久寺 ・ 里山 ・ アベマキ ・ コナラ ・カクレミノ ・ サクラ ・ツツジ 
[PR]
by hikonekeikan | 2006-05-20 19:36 | 談話室「それぞれの彦根物語」

【彦根物語1】 「その後の直弼:20世紀に生きた郷土の偉人」 

【彦根物語1】 「その後の直弼:20世紀に生きた郷土の偉人」     

f0017409_8491623.jpg





阿部 安成
(NPO法人彦根景観フォーラム会員、
滋賀大学経済学部助教授、日本社会史学者)

「その後の直弼」という題には、井伊直弼が生きた軌跡をたどり、彼の生を再現するのではなく、彼がその生涯を終えたあとに、彼がどのように想い起こされ、語られたのかをとおして、そのときどきの時代や社会の意味を考える、というねらいが籠もっています。
 こういうスタイルをとると、わたしにとっては、井伊直弼がだれだったのか(どんな人物だったのか)は、いつまでたっても空白のままとなってしまいます。その反面、直弼のイメージ(像)に投影され、またそれが照らしかえす時代や社会の様相が明らかになるとみとおしています。

 談話室では、横浜の掃部山公園に立つ直弼の銅像と、彦根は金亀公園でみられる彼の銅像をとりあげました。日本第一の港都を象徴する人物として横浜で選ばれた直弼は、それをよろこんでいるでしょうが、横浜からすると地元出身の代表を選出できなかった悔恨が、そこにあるようにみえます。また、地元のお殿さまとして銅像にかたどられた直弼は、天守閣にむいたその姿があまりに当たりまえすぎる地味な姿にみえ、余所者のわたしからしても、なぜもっと目立つ場所に(たとえば、鎌倉大仏や高崎観音ほどではないにしても、表門橋のたもとに、10mの台座を建てそのうえに)彼を立たせないのかと不満を感じてしまいます。

 談話室でのわたしの収穫は、直弼をめぐるいわばフォークロアをうかがえたことにありました。彦根では3月3日に雛祭りをしない、彦根では大根おろしに醤油をかけない、彦根市長選のときには直愛さんを土下座して迎えた地域があった、などの民話です。築城400年にむけて、わたしは、彦根にとって直弼とはなんだったのかを、できるだけ彦根の人びとに寄り添いながらたどってゆきたいと思いますし、それとともに、彦根のひとの神経を逆なでするような、意地悪い研究者としての直弼論を書いてみようと準備しています。

f0017409_1042725.jpgf0017409_1622439.jpg













f0017409_105481.jpgf0017409_1053218.jpg









【キーワード】
井伊直弼
天寧寺
龍潭寺
大洞弁財天
井伊神社
彦根城
金亀公園
横浜掃部山公園
埋木舎
横浜開港五十年祭
[PR]
by hikonekeikan | 2006-05-13 19:32 | 談話室「それぞれの彦根物語」

築城400年祭《談話室》「それぞれの彦根物語」5月号&6月号


築城400年祭《談話室》「それぞれの彦根物語」

◆NPO法人彦根景観フォーラムでは、土曜日の午前中に、ひこね街の駅「寺子屋力石」で《談話室》を開くことにしました。歴史と温もりを感じさせる街の駅は、楽しく語らい、自由にアイデアを出し合える、独特の雰囲気をもった空間です。ここでなら、多くの人々が集い、話題に耳を傾け、それをテーマに会話が弾む、素晴らしい《談話室》になるのではないかと期待しています。

f0017409_22245858.jpg【会 場】
街の駅「寺子屋力石」(彦根市河原2丁目3-6 花しょうぶ通り TEL:0749-27-2810)

【第1回】平成18年5月13日(土)10:30~12:00
     「その後の直弼 :20世紀に生きた郷土の偉人」
講 師: 阿部 安成(NPO法人彦根景観フォーラム会員,滋賀大学経済学部助教授、日本社会史学者)

【第2回】平成18年5月20日(土)10:30~12:00
     「私の好きな彦根のスポット」
講 師: 金子 孝吉(NPO法人彦根景観フォーラム会員,滋賀大学経済学部教授、近代文学研究)

【第3回】平成18年5月27日(土)10:30~12:00
     「林檎・ワリンゴ・彦根りんご」
講 師: 堀井 靖枝(彦根りんごを復活する会,滋賀大学経済学部附属史料館助手)


f0017409_22294935.jpg【6月の談話室で語られる彦根物語】

【彦根物語4】平成18年6月17日(土)10:30~12:00
     「彦根で出会ったもの」
講 師: 有馬 裕次 (NPO法人芹川理事長)

【彦根物語5】平成18年6月24日(土)10:30~12:00
     「彦根あれこれ」 
講 師:大野 紘一郎(彦根雨壺山・護林会会長、元朝日新聞記者、"彦根いまむかし"著者)

【彦根物語6】平成18年7月1日(土)10:30~12:00
     「井伊直弼~新しい人間像をさぐる」 
講 師:堤 義夫 (国特別史跡 埋木舎 統括管理責任者)

コーディネータ:  山崎 一眞 (NPO法人彦根景観フォーラム理事長、滋賀大学産業共同研究センター教授)


※お申込み:滋賀大学産業共同研究センター  〒522-8522彦根市馬場1-1-1
E-MAIL:jrc@biwako.shiga-u.ac.jp/ TEL:0749-27-1141/ FAX:0749-27-1431まで。
【話題提供の申込み】 ①テーマ ②概略 ③氏名 ④住所 ⑤電話番号
【参加申込み】    ①氏名 ②住所 ③電話番号
[PR]
by hikonekeikan | 2006-05-01 19:31 | 談話室「それぞれの彦根物語」