NPO法人 彦根景観フォーラム

<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

11月12日「防災・耐震・まちづくりフォーラム」シンポジウム開催

「防災・耐震・まちづくりフォーラム」シンポジウム

*昨年度地域の皆さんと専門家が、まちづくりと防災
の知恵と経験を分かち合う場を設けました。


*地震にも強く安全・安心で、にぎわいのある、
将来のまちづくりを考えませんか?


          -耐震診断中の彦根工業高校建築科小梶先生と生徒さん-
d0087325_23363796.jpg


花しょうぶ通り・ひこね「街の駅」寺子屋力石で地域の地震防災の取組みが始まります

今年の2月4日午後、ひこね「街の駅」寺子屋力石 において、京都大学丸谷研究室は、滋賀県立大学柴田研究室と共同で、「防災・耐震・まちづくりフォーラム」を開催。今年1月に河原町で実施した地震防災に関するアンケートの結果報告も兼ねて行ないました。

京都大学経済研究所の丸谷研究室(丸谷浩明教授)では、国土交通省より受託した都市再生調査の一環として、滋賀県立大学環境計画学科の柴田研究室(柴田いづみ教授)と共同で、彦根において、中心市街地の再生と地域防災を組み合わせる研究をしています。今年1月中旬に、「花しょうぶ通り商店街」のある河原町の皆様を対象に、防災意識、住宅の耐震診断・補強の意向などを内容とする防災・耐震まちづくりアンケートを実施させて頂きました(現在、回収・集計中)。実施に当たり、地域活性化に熱心に取り組んでおられ、柴田研究室と協力関係にある同商店街の皆様から、貴重なご助言・ご協力を頂きました。また、アンケート配布には、河原町各自治会に多大なご協力を頂きました。

-耐震診断中の彦根工業高校建築科の生徒さん-
d0087325_1833214.jpg

河原町は、古い木造建物が多く、延焼が懸念される密集地区であることから、同商店街などが進めている地域活性化の活動に、防災を組み合わせることが有効と推察されます。また、滋賀県は、2005年を「滋賀の減災元年」として地震防災を推進し、彦根市も県と連携して木造住宅耐震診断員を派遣しているなど、地震防災を進める環境も整っています。同商店街も既に関心を持って頂いているほか、県立彦根工業高校では、建築科が耐震診断を授業に取り入れる準備を進めているなど、地域の関心も高まっています。




『平成18年度市民活動支援総合事業』
の内定のお知らせをい ただきました。

そこで、11月から更なる事業を本格的に計画したいと思います。

1、伝統工法の耐震方法(釘を使わない、もともと柔構造の木造への対応)
2、在来工法の耐震方法(平塚の後付ブレース工法)
3、コンクリートの耐震方法(ACTのある銀座街防災街区を例にとって)
4、地域防災のあり方

こんなテーマになると思います。

d0087325_8342796.jpg


主催:防災・耐震・まちづくりフォーラム実行委員会
共催:NPO彦根景観フォーラム、京都大学経済研究所 丸谷研究室、
滋賀県立大学環境計画学科 柴田研究室、滋賀大学産業共同研究センター 山崎研究室

後援:内閣府、国土交通省、滋賀県、彦根市、彦根商工会議所、彦根商店街連盟、
彦根青年会議所、ACT、ひこね「街の駅」寺子屋力石

d0087325_8354281.jpg


1.  日 時: 11 月 12 日 (日) 13:30~17:00
2. 場 所: 夏川記念館 (彦根市、グリーン通り商店街)
3. 内 容
① 趣旨説明 「まちづくりと防災への期待」  柴田 いづみ 滋賀県立大学環境計
画学科教授
② 特別講演 「危機管理意識と耐震補強」
目黒 公郎   東京大学 生産技術研究所 教授
③ 「まちづくり三法と防災まちづくり」
渋谷 和久  国土交通省九州地方整備局総務部長
④ 「市民がつくる耐震補強推進協議会」
大平 延行  平塚耐震補強推進協議会会長.
⑤ パネルディスカッション 「地域の耐震化と活性化に向けて」 
     パネリスト上記講師3名
     山崎 一眞  滋賀大学 産業共同研究センター 教授
青山  達  滋賀県 県民文化生活部総合防災課 地震対策室長     
司会 丸谷 浩明  京都大学経済研究所 教授 (前 内閣府(防災担当)企画官) 

⑥ むすび  柴田 いづみ

d0087325_8364966.jpg

[PR]
by hikonekeikan | 2006-10-21 19:44 | フォーラム

「星空映画祭」無事終了

夏の名物「星空映画祭」が8月27日に、新しく生まれ変わった四番町スクエアの中央ガス灯広場で開催され、約200名の人が参加されました。
d0087325_138119.jpg
寺尾聰主演の『雨あがる』では、彦根城の天秤やぐらや周辺が映り、欅御殿(現楽々園)も後半に登場しました。
開始当初は、映画自体の暗さと、陽が沈みきっていない薄暗さ、お店の明かりで観にくい状態になりご迷惑をかけましたが、その後は十分楽しんでいただいたようです。
さて来年は、どんな映画が上映されるしょうか。1年後のお楽しみに。
[PR]
by hikonekeikan | 2006-10-17 13:08 | 星空映画祭

速報!第5回 彦根景観フォーラム 理事会・WG委員会

第5回 彦根景観フォーラム 理事会・WG委員会
平成18年10月11日(水)開催

①彦根景観分科会・・・ぶらっと彦根・・11月23日

d0087325_2061324.jpg

1)第1部 彦根の歴史を学ぶ

・講演1:新資料で語る「井伊直弼」 
  母利 美和(京都女子大学助教授)
・講演2:プレ「彦根遊び博」で遊ぼう 
   山崎 一眞(滋賀大学教授)



d0087325_2115328.jpg

2)第2部 彦根を遊ぼう・・・・資料費500円

■善利組屋敷界隈であそぼう
集合:彦根商工会議所(彦根市中央町3-8)
現存する足軽屋敷の特別公開と、武家建築の特徴や生活を解説の他、復活を目指す湖東焼の魅力とこれに取り組む皆さんの努力に迫る。昔ながらの製法にこだわる湯葉に出会えるかも。         
・ルート<彦根商工会議所→美濠舎→一志郎窯→宗安寺→善利組屋敷公開と周辺散策
→大半→寺子屋力石>

・幻の湖東焼や足軽屋敷の公開と武家建築の特徴や生活のレクチャー等を中心に展開

■ 脇街道・七曲がりで遊ぼう
集合:寺子屋力石(彦根市河原町2丁目)
伝統的な町家建築の公開や新しい町家の住まい方などの解説や、七曲がり仏壇職人の技術に触れてみませんか、七曲がり仏教書ギャラリ-(朝枝家)や花の生涯の舞台となった、袋町の料亭の見学も見応えあります。
・ルート<寺子屋力石→小島→永楽屋→朝枝家→吉田家→村岸家→済福寺→芹町→目
加田家→街の駅力石>

・小島家、吉田家、朝枝家、村岸家公開と解説等や彦根仏壇七職の一部の実演、又は見学を中心に展開

■芹川堤・雨壺山で遊ぼう
 集合:寺子屋力石(彦根市河原町2丁目)
芹川堤と雨壷山の自然(植生)の魅力にふれてみましょう。彦根城築城以前の芹川堤、昔の雨壺山に思いをはせてみませんか。そして、芹川堤と雨壷山にすばらしい発見があるかもしれません。
・ルート<寺子屋力石→芹川左岸→晒庵→右岸→芹橋→雨壷山→長久寺→サクラ広場
→寺子屋力石>

・芹川と雨壷山の歴史と自然(植生)や魅力等のレクチャー等を中心に展開

■城郭・内曲輪で遊ぼう
集合:彦根商工会議所(彦根市中央町3-8)
井伊直弼は、政治家としてばかりでなく、武芸はもとより、一流の文化人としても知られています。直弼の歌、茶道の他、新たな側面からの直弼像に迫ります。文化人『井伊直弼』のすばらしさを満喫してみませんか。
・ルート<彦根商工会議所→花木家跡→長野家跡→切通御門跡→直弼歌碑→埋木舎→
槻御殿他>

・井伊直弼の歌、茶道等のレクチャー等を中心に展開


3)第3部 懇親会 寺子屋力石・・・参加料3000円

d0087325_2075785.jpg

---------------------------------------------
②町家実測分科会
・長曽根御門・・大材の搬出方法と、保存場所を探しています。よい知恵があれば教
えてください

---------------------------------------------
③相談・教育・学習分科会
・仮称 「ぶらっと彦根」の発行について・・日程 10月下旬に初校、編集会議予定
・平成18年度市民活動団体支援総合事業の今後の予定について、10月下旬に全体
像を提示の予定。ご協力ください

---------------------------------------------
d0087325_21215848.jpg


④町家活用分科会
・街の駅「寺子屋力石」談話室・・11月講座について
各講座も10:30~開始

【彦根物語17】平成18年10月28日(土)
「佐和山を10倍楽しむ法」   田附 清子(佐和山城研究会代表)

【彦根物語18】平成18年11月4日(土)
「女将が語る『袋町今昔物語』」  小島 征矢子(料亭「小島」女将)

【彦根物語19】平成18年11月11日(土)
「伝統的建造物群保存地区のまちづくり」  滋賀県文化財保護課

【彦根物語20】平成18年11月18日(土)
「私達のボランティア支援について」   山崎 時雄(友仁山崎病院会長)

【彦根物語21】平成18年11月25日(土)
「商店街 過去~現在~未来へ」   木下 良蔵(彦根商店街連盟会長)



d0087325_21235070.jpg

・予告企画(12月・パーソンズ関係の談話、1月・史談会メンバーの談話)の予定です。
--------------------------------
⑤その他
・情報誌第7号発行について (1月10日発行予定)
[PR]
by hikonekeikan | 2006-10-12 20:00 | 理事会・WG委員会