NPO法人 彦根景観フォーラム

<   2006年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

築城400年祭《談話室》 それぞれの彦根物語 2006.11.25

【彦根物語21】
 「商店街― 過去~現在~未来」

f0017409_9221117.jpg





木下 良蔵
(彦根商店街連盟会長)


彦根商店街連盟は昭和27年に活動を始め、この50数年の間に市内の商店街は、大きく変わりました。銀座商店街では、防災街区建築により近代化されるなど、他の商店街もアーケードを設置し横のデパートとして活況を呈していました。ゑびす講大売出しでは、今津から船が着くことや汽車に乗って駅から歩いて買い物に来るお客様で、まち全体が賑わっていました。繊維産業などを中心に彦根市全体が活気を帯びていたのです。しかし、住宅の開発や交通体系・消費の変化などによって、商店街の役割も変化してまいりました。
県外資本の大規模小売店舗などの影響もあり、商店街も大変厳しい状況となってまいりましたが、彦根の顔という認識の基に「み・わ・くのまち彦根」をめざし、各商店街が活性化事業に取り組んでいます。
花しょうぶ通り商店街の町家風の概観整備(ファサード整備事業)・ナイトバザール・勝負市・人力紙飛行機コンテストや銀座商店街のアーケード整備事業、あきんど祭、登り町グリーン通り商店街の欧風のファサード整備・店先カルチャー教室、おいでやす商店街の和風のファサード整備事業・おいでやす館の活用、彦根市場商店街(四番町スクエア)のまちなか再生型土地区画整理事業・大正ロマン風のファサード整備事業・駐車場整備、その他橋本商店街の空き店舗活用事業「よりーな」など数々の方策を講じています。

f0017409_9241391.jpg
橋本商店街アーケード完成式典テープカット









f0017409_9251356.jpg
彦根商店街連盟タウンミーティング











f0017409_9301325.jpg
小学生商い体験事業










f0017409_9303849.jpg
彦根七夕まつり・土曜夜市









f0017409_936513.jpg
四番町スクエア(大正ロマン風のファサード整備)









f0017409_9364136.jpg
花しょうぶ通り商店街アートフェスタ勝負市










商店街連盟としても、売り出し事業や全市共通商品券の発行や彦根CPカードのポイント事業を実施し、消費者のみなさんにお得な事業を展開しています。
これまで、多くの先輩方が続けてこられた活動を現代に引継ぎ、彦根市をはじめとする行政や商工会議所の協力をいただきながら、今日を迎えています。
なによりもお客様のあたたかいご懇情に感謝し、今後も変わらぬご愛顧を賜りますことを願っております。

【キーワード】
彦根商店街連盟、ファサード整備事業、アーケード整備事業、空き店舗活用事業、全市共通商品券、彦根CPカードポイント事業
[PR]
by hikonekeikan | 2006-11-25 09:46 | 談話室「それぞれの彦根物語」

「ぶらっと彦根・まちナビシンポジウム2006」が開催されました

f0017409_20275492.gif『ぶらっと彦根・まちナビシンポジウム2006』
日 時:平成18年11月23日(木・祝日)10:00~
会 場:彦根商工会議所4階会議室(彦根市中央町3-8)
    &ひこね「街の駅」寺子屋力石(彦根市河原2丁目3-6)


【開催趣旨】
「あそび博」とは、自分だけが味わっている「それぞれの彦根物語」を紡いで、みんなで楽しむ「遊び博覧会」に進化させるものです。築城400年祭の協賛事業に採択され、来年本格的に実施します。今回は、事前一日試行として、4つの遊びを実施 第1部では、彦根を語る時に避けて通ることの出来ない「井伊直弼」に焦点を当て、彼の人となりを私人・公人の立場から解き明かし、掘り下げる機会になりました。また、第2部では、「それぞれの彦根物語」で話題とされた、彦根の新しい遊び方を現地でみなさんと体験しました。なお、本年度国土交通省から助成を受けた事業「まちナビ」の実証実験も同時に実施され、携帯電話を利用した最先端の技術にも触れました。この他、琵琶湖一周のろし駅伝および鉄砲演舞も同時協賛実施されました。
※ まちナビ」とは、ICタグを用いて観光情報、自然情報、商店情報、交通・宿泊情報などを携帯電話経由で提供する仕組みです。

f0017409_20113795.jpg


「ぶらっと彦根・まちナビシンポジウム2006」が、11月23日(祝・木)、彦根商工会議所、街の駅寺子屋力石、そして彦根市内にて開催されました。
「彦根あそび博」は、自分だけが味わっている『それぞれの彦根物語』を紡いで、「あそび博覧会」に進化させるもので、築城400年祭の協賛事業として、来年本格的に実施するものです。
第1部「彦根の歴史を学ぶ」では、産業共同研究センター山崎一真教授より、「プレ彦根あそび博」についてその目的等を説明され、また、彦根ユビキタス産業協議会が共に行う「携帯電話を利用した『まちナビ』実証実験」について、経済学部谷口伸一教授より説明がありました。
そして、京都女子大学の母利美和助教授には、「新史料で語る『井伊直弼』」というテーマで、井伊直弼の歴史的評価の変遷についてお話いただきました。参加者は、井伊直弼の新しい側面について熱心に聴きいっていました。
f0017409_93388.jpgf0017409_9332798.jpg









【第1部】彦根の歴史を学ぶ    
講演1:プレ『彦根あそび博』で遊ぼう  
    山崎一真(NPO法人彦根景観フォーラム理事長、
         滋賀大学産業共同研究センター教授)
講演2:新史料で語る『井伊直弼』    
    母利美和(NPO法人彦根景観フォーラム理事、京都女子大学助教授)


第2部】プレ遊び博「彦根を遊ぼう」
■ 善利組屋敷界隈で遊ぼう 
現存する足軽屋敷の特別公開と、武家建築の特徴や生活を解説の他、復活を目指す湖東焼の魅力とこれに取り組む皆さんの努力に迫る。昔ながらの製法にこだわる湯葉に出会えるかも。
■ 脇街道・七曲がりで遊ぼう 
伝統的な町家建築の公開や新しい町家の住まい方などの解説や、七曲がり仏壇職人の技に触れてみませんか、七曲がり仏教書ギャラリ-(朝枝家)や花の生涯の舞台となった、袋町の料亭の見学も見応えあります。
■ 芹川堤・雨壺山で遊ぼう         
芹川堤と雨壷山の自然(植生)の魅力にふれてみましょう。彦根城築城以前の芹川堤、昔の雨壺山に思いをはせてみませんか。そして、芹川堤と雨壷山にすばらしい発見があるかもしれません。
■ 城郭・内曲輪で遊ぼう          
井伊直弼は、政治家としてばかりでなく、武芸はもとより、一流の文化人としても知られています。直弼の歌、茶道の他、新たな側面からの直弼像に迫ります。文化人『井伊直弼』のすばらしさを満喫してみませんか。

f0017409_1357392.jpgf0017409_13571866.jpg










f0017409_13573461.jpg










第2部「彦根を遊ぼう」では、「それぞれの彦根物語」を紡いだ4つの遊び「善利組屋敷界隈で遊ぼう」「芹川堤・雨壺山で遊ぼう」「脇街道・七曲がりで遊ぼう」「城郭・内曲輪で遊ぼう」で、彦根の各地に出向き、様々な体験をとおして彦根をじっくりと味わいました。参加者は、3時間の「彦根あそび」をおおいに楽しみました。


f0017409_20124734.jpg


第3部「彦根を語る」は、街の駅寺子屋力石で「彦根を遊ぼう」のそれぞれの感想を語りあい、笑いばかりの楽しいひと時を過ごしました。
[PR]
by hikonekeikan | 2006-11-23 09:54 | ぷらっと彦根

「ぶらっと彦根・まちナビシンポジウム 2006」

d0087325_2231339.gifd0087325_4235388.gif

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━ ■国宝彦根城築城400年祭協賛プレイベント
「ぶらっと彦根・まちナビシンポジウム」

─「あそび博」とは、自分だけが味わっている「それぞれの彦根物語」を紡いで
皆んなで楽しむ「遊び博覧会」に進化させるものです。築城400年祭の協賛
事業に採択され、来年本格的に実施します。
今回は、事前一日試行として、4つの遊びを計画しています
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

d0087325_8174733.jpg◆来年の築城400年祭のなかで、「それぞれの彦根物語」を組み合わせた、みんなで楽しむ『彦根あそび博』を開催します。この機会に彦根を訪れた人にとっても、彦根市民にしか味わえない楽しみを共に味わえる、素晴らしい体験になることでしょう。新たな体験型観光の始まりです。



d0087325_8185533.jpg『プレ彦根あそび博』(ぶらっと彦根2006)
テーマ「彦根をお遊ぼう」―Special interest tourism
今秋11月23日(祝・木) 1部・2部10:00~16:00 3部17:30~19:30




d0087325_22461123.jpg■第一部 【彦根の歴史を学ぶ】 10:00~12:00(受付9:30~)
  会場:彦根商工会議所  入場無料
彦根を語る時に避けて通ることの出来ない「井伊直弼」に焦点を当て、彼の人となりを私人・公人の立場から解き明かし、掘り下げる機会にしたいと考えています 


★講演1  プレ「彦根あそび博」で遊ぼう   山崎 一眞 (滋賀大学教授)
★講演2  新資料で語る「井伊直弼」 母利 美和 (京都女子大学助教授) 

d0087325_819495.jpg
■第二部 【彦根をお遊ぼう】 13:00~16:00(受付12:30~)
  出発地:彦根商工会議所&街の駅  資料代 500円
「それぞれの彦根物語」で話題とされた、彦根の新しい遊び方を現地で皆様と体験しようと考えています。
  ★善利組組屋敷界隈で遊ぼう  ★芹川堤・雨壺山で遊ぼう
  ★脇街道・七曲がりで遊ぼう   ★城郭・内曲輪で遊ぼう
  ※各コースの詳細は理事会・WG委員会


d0087325_22544590.jpg

■第三部 【彦根を語る】 17:30~19:30
  会場:ひこね「街の駅」寺子屋力石  参加料(会食費) 3000円
食事をいただきながら楽しく彦根のお話をする予定です



d0087325_8224176.jpg■携帯電話を利用した「まちナビ」の実証実験 
10:00~16:00
   会場:彦根城下一帯
平成18年度国土交通省から助成を受けた事業「まちナビ」の実証実験も同時に実施され、携帯電話を利用した最先端の技術にも触れていただける予定です。


d0087325_231097.jpg

■近江中世城跡「琵琶湖一周のろし駅伝」と「彦根鉄砲隊」演舞も協賛実施



主催:彦根景観フォーラム、彦根ユビキタス産業協議会
共催:滋賀大学産業共同研究センター、滋賀大学地域連携センター
協賛:国宝・彦根城築城400年祭実行委員会
後援:国土交通省、彦根市、近畿建設協会、彦根商工会議所、
    (社)彦根観光協会、彦根商店街連盟

■■なお、第2部では、資料・保険の他入場料の事もあり、また第3部では食事
の用意も考えています。数の把握のため、参加される方は早めに申し込みいた
だけますようお願いいたします。■■〆切:11月21日頃までによろしくお願いします。

上記について別添お通り開催いたします皆様の参加をお待ちしています
[PR]
by hikonekeikan | 2006-11-02 21:50 | ぷらっと彦根