NPO法人 彦根景観フォーラム

<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

築城400年祭《談話室》 それぞれの彦根物語 2007.1.20

【彦根物語26】
 「滋賀大学キャンパスツーリズム構想」   

d0087325_1340322.jpg





山崎 一真
(NPO法人彦根景観フォーラム理事長、
滋賀大学産業共同研究センター教授)

 彦根城築城400年祭を迎えるにあたって、城下にキャンパスがある大学という立地条件と「士魂商才」という旧彦根高等商業学校の建学の精神を体した『キャンパスツーリズム』という考え方を提案し、皆様の賛同の上で、実行しようというものです。
 ルートは、JR彦根駅からいろは松までの「導入の道」、佐和口から内堀沿いに本学キャンパスまで進む「士魂の道」、キャンパスパビリオンとしての「士魂商才館」、中堀沿いに帰途に着く「士魂商才の道」、これは京橋を経てもとの道に合流します。

d0087325_13442477.jpg















 このルート上の名所旧跡、史跡について、古写真と現在の写真を対比しながら解説し、特に、本学のキャンパスについては、建学前、建学当初、終戦直後、現在の様子に分けて画像を見ながら、また、講堂、史料館、陵水会館、図書館については、建物の概観はもとより内部の様子についても説明しました。さらに、緑溢れ、天守・樹林・石垣・水面を望む庭園キャンパスという特徴を披瀝しました。
 参加者は、お城と大学の関係づけに興味を持ち、この構想の実現に協力したいという意向が示されました。


【写真で見る滋賀大学彦根キャンパスの変遷】

大正6年
d0087325_13484997.jpg















建学間もなく(大正13年以降)
d0087325_1351509.jpg
















終戦直後
d0087325_13525180.jpg
















現在
d0087325_13531788.jpg
















【キーワード】
築城400年祭、旧彦根高等商業学校、士魂商才、ツーリズム


★談話室「それぞれの彦根物語」の関連情報は、下記HPでもご覧いただけます。
滋賀大学産業共同研究センター
滋賀大学地域連携センター
[PR]
by hikonekeikan | 2007-01-25 14:22 | 談話室「それぞれの彦根物語」

「防災・耐震・まちづくりフォーラム」

2005年9月からの「防災・耐震・まちづくりフォーラム」の一環です。

3月までの日程
http://www.ses.usp.ac.jp/lab/shibatalab/nitteiPDF2.html

d0087325_5491099.jpg


★フォーラム
2回とも2時~5時、@彦根市銀座街 ACT+Q座


第3回チラシ
http://www.ses.usp.ac.jp/lab/shibatalab/dai3kai-fo-ramu.html

第4回チラシ
http://www.ses.usp.ac.jp/lab/shibatalab/dai4kai-foramu.html

d0087325_23452111.jpg

★ワークショップ
3回とも2時~5時、@彦根市銀座街 ACT+Q座

http://www.ses.usp.ac.jp/lab/shibatalab/workshop.html

その1.・・1月27日(土)・・まちを助けるネットワークを作ろう!
災害時の情報システムを考え、より早く人命救助ができる方法を構築しましょう!
県庁の総合防災課、河川課、砂防課、道路課の災害時の情報伝達の現状の説明をして いただき、横浜の重機ネットをもとに滋賀県バージョンを考えます。

d0087325_19183195.jpg

その2.・・2月3日(土)・・耐震補強を理解しよう!・・ 子どもワークショップ
みんなの命を守るために、親子でストローハウスを作りながら、耐震補強を理解しま しょう。

その3.・・2月18日(土)耐震補強を体験しよう!・・ SRF構法ワークショップ
ACTの柱を実際に補強して、耐震補強を理解しましょう。

★木造伝統構法彦根研究会
金沢工業大学名誉教授 鈴木有(たもつ)先生を中心に、伝統構法の耐震化を研究。


3月の最終回までに、ひこね「街の駅」寺子屋 力石の耐震設計をします。

その1.・・1月28日(日)・・まち歩き
1時50分、キャッスルロード交番前集合
2時、善利組中居邸
3時、戸所岩雄氏、計画工房 

d0087325_532595.jpg
d0087325_5341321.jpg


その2.・・1月28時(日)・・「街の駅」の耐震設計
6時、@ひこね「街の駅」寺子屋 力石
(彦根市河原2-3-6TEL 0749-27-2810)

その3.・・3月2日(金)・・「街の駅」の耐震設計まとめ
6時半、@ひこね「街の駅」寺子屋 力石
(彦根市河原2-3-6TEL 0749-27-2810)
[PR]
by hikonekeikan | 2007-01-22 05:59 | フォーラム

築城400年祭《談話室》 それぞれの彦根物語 2006.12.16

【彦根物語24】
 「洋画家 父・島戸繁と彦根」     

d0087325_11505175.jpg





島戸 陽




 許された時間内で、果して父の滋賀県ひいては彦根への深い愛情、愛着が聴講者の方々にご理解いただけたか非常に心許なく思っています。
県立静岡大学退職時に、住居を用意するから留まって欲しいと要請もあったそうですが、暖かい明るい静岡から敢て、この寒いけれども愛する彦根へ帰ってきたのは、やはりこの彦根城とその周辺の画材、更には65年に渡る数々の教え子の方々、中には親子三代にわたる方々を自分の分身のごとく考えていたからのようです。

d0087325_11525920.jpg















島戸繁さんと陽さん

 画家アルフレッド・パーソンズの事柄が縁で、今度のこの談話室の機会を与えていただきました。父が昭和26年~28年にアルフレッド・パーソンズについて調査し、滋賀県立短大の機関誌で発表してから半世紀経って、諸先生方に取り上げられたことを父が知ったら、非常な驚きと共に大変喜んだことと思い、早速霊前に報告しました。
d0087325_11544891.jpg














 世間では学校を始めとして、美術活動が極めて低調且、軽視されて、受験勉強と偏差値最優先となって、情操教育が極めておろそかになっていることは、子殺し、親殺し、親と子供双方に情感の欠如が、大きく基因していると思います。一部の地域では情操教育復活強化が叫ばれてきたやに伺いますが、彦根も早く市民、教育者、行政と一緒に、芸術文化の啓蒙強化推進に一日も早く立ち上がって欲しいと強く望みます。
ひいては、市民の協力、総力、意識の昂揚が観光行政の源泉、地域経済の活性化になるのではないでしょうか。

 彦根からは、俳人芭蕉の高弟10哲の一人、森川許六、近代書道の祖、日下部鳴鶴、現代映画の監督育ての親、島津安二郎大監督、歌人召人の木俣修、等々当地の出身です。しかしあとが続いていません。芸術文化の土壌を枯らしてはいけません。
d0087325_11555077.jpg























蜆取り舟




d0087325_11564748.jpg








欅並木







【キーワード】
1.回転橋、しじみ取舟、土蔵群
2.港湾、ボートレース、水産試験場、釣
3.松原・米原内湖、干拓、捕虜、学徒動員
4.佐和山、トンネル、グラマン空襲、零戦工場疎開
5.堀、マラリア、鬼バス(蓮)、食用蛙、櫓の黒壁
6.京橋、擬宝珠、柳、桜
7.芹川、小鮎、欅並木、かけ足


【追伸】 
 彦根物語23の谷田先生の資料にあるギルバート・サリヴァンのオペラ「ミカド」は昭和24もしくは25年頃、日本にあった歌劇団2つ(藤原義江と長門美保)のうち長門美保歌劇団が京都祇園の歌舞練場大ホールで上演、私はアルバイトの貯金全部ハタイテ階上席から観たおぼえがあり「宮サン 宮サン オ馬ノ前ニ ヒラヒラスルノハ・・・」のメロディを聞くと今でも当時の情景をなつかしく思い出します。d0087325_11583780.jpg











彦根物語24 谷田博幸さん資料より
[PR]
by hikonekeikan | 2007-01-16 12:06 | 談話室「それぞれの彦根物語」

『過去から未来をつむぐ城下町彦根』発刊記念シンポジウム

発刊記念シンポジウム
   『過去から未来をつむぐ城下町彦根』


d0087325_2359686.gif趣 旨:
本年行われる「彦根城築城400年祭」に役立ちたいという思いと、彦根の歴史や現状を理解するテキストにして欲しいという期待から、滋賀大学も協力し、昨年末(平成18年12月25日)に
 
 『彦根歴史散歩―過去から未来をつむぐー』
        (NPO法人彦根景観フォーラム編)
が上梓されました。
発刊を記念して、下記の要領で、シンポジウムを開催します。
皆様の来場をお待ちしております。

日 時:平成19年1月21日(日)14:00~16:00

場 所:彦根城博物館講堂
http://longlife.city.hikone.shiga.jp/museum/use/index.html
上記アドレスの下行、「交通案内」を参考にしてください。

d0087325_16294859.jpg
講 演1:「彦根城下町の成立ち」
母利 美和
(NPO法人彦根景観フォーラム副理事長 京都女子大学助教授)


講 演2:「彦根の歴史的建造物」
濱崎 一志
(NPO法人彦根景観フォーラム理事 滋賀県立大学教授)


講 演3:「世界の城下町彦根をめざして」
山崎 一眞
(NPO法人彦根景観フォーラム理事長 滋賀大学教授)

-----------------------------------------------------------------
主 催:NPO法人彦根景観フォーラム
共 催:滋賀大学産業共同研究センター、滋賀大学地域連携センター
後 援:近畿建設協会、彦根商工会議所、(社)彦根観光協会
※参加費無料 
※申込み先:滋賀大学産業共同研究センター
〒522-8522彦根市馬場1-1-1
E-MAIL:jrc@biwako.shiga-u.ac.jp
TEL:0749-27-1141/ FAX:0749-27-1431まで。
(E-MAIL及びFAXによる申込みの場合、受付けた旨の連絡は行いませんが、定員
に達した時はお断りの連絡をさせていただきます。)

d0087325_003024.jpg------------------------------------
【参加申込みフォーム】下記にご連絡下さい。
滋賀大学産業共同研究センター
522-8522 彦根市馬場1-1-1
e-mail jrc@biwako.shiga-u.ac.jp
Tel 0749-27-1141/Fax 0749-27-1431
URL http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/jrc/


発刊記念シンポジウム
   『過去から未来をつむぐ城下町彦根』

への参加を申込みます。

参加者氏名 :
貴社・貴団体名:
所属部署:
所在地: 〒
TEL:
FAX:
E-mail:
(申込時の個人情報は行事運営と今後のセミナー等の案内に利用し、
それ以外には利用いたしません。)

以上
[PR]
by hikonekeikan | 2007-01-12 00:03 | お知らせ&NEWS