NPO法人 彦根景観フォーラム

<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

世界遺産を目指す彦根の課題 第2回

世界遺産シンポジウム in 彦根

お待たせしました。
2007年10月20日、滋賀大学講堂で彦根景観フォーラムが開催しました
世界遺産シンポジウムの模様をお知らせします。

そのまえに、口上を申し述べましょう。

彦根城は、我が国の世界遺産推薦の暫定リストに掲載されています。しかし、世界遺産について市民も含めた議論がされないまま暫定登録がされ、放置されている状態です。
世界遺産は、彦根にとってどのような意味を持つのでしょうか。観光業者だけの問題でしょうか。「世界遺産になれるわけがない」、「なるために税金を使うのは無駄だ」という意見もあります。「世界遺産になれば市の発展が阻害される」と懸念を表明する人もいます。こうした議論は、彦根のこれからのまちづくりを一人一人が考える上で大変重要です。
どのような未来であれ、彦根市民が努力しなければ実現しません。彦根のまちが100年後にどうなっているべきなのか、既に古民家は建て替えや除却がされ、マンションや駐車場に変わっています。次の築城500年祭を迎える頃には、現在とは全く異なる姿になっているでしょう。どんな彦根にするのか私たち市民の意思が問われています。
 そうです。市民の意思こそが世界遺産にも、彦根の未来にも必要なスピリットです。

世界遺産シンポは、都市史の権威で、彦根市の世界遺産懇話会座長の西川幸治先生のお話から始まりました。西川先生は、前滋賀県立大学学長で、彦根景観フォーラムの特別顧問です。 そして、彦根市の出身で、なによりも彦根を愛しておられます。きっと! 
では、どうぞ。

世界遺産をめざす彦根の課題(西川 幸治先生の講演を要約)

市民の願いが世界遺産を生み出す
d0087325_17172189.jpg
 
世界遺産への関心が高まったのは、エジプトのアスワンハイダムの建設に伴い、アブシンベル神殿を移築するプロジェクトが最初である。これは、世界が共通して価値を認める歴史遺産を、国連で保存再生しようとする最初の活動であった。
 ヨーロッパでは、中世都市を保存する活動が盛んである。ドイツ・ローマン街道にあるローデンブルグ、あるいは東欧圏にあったドレスデンやポーランドのワルシャワは、第2次世界大戦で壊滅的な打撃をうけたが、壊れた煉瓦を一つ一つ積み直し、全ヨーロッパ的な支援をうけて、昔の通りに建物や広場を再生した。
 1980年、ワルシャワは建物そのものの保存価値ではなく、街を再建復興させた人々の不屈の意志を認められて世界遺産に登録された。世界遺産では、本物であること、正統性が問われるが、歴史都市を再生したいという市民の願いと行動が正統性を超えて世界遺産にふさわしい価値を生み出したのだ。
 市民は、どのような思いで、絶望的な破壊の中から街の復興を成し遂げたのか。ひとりの建築家の言葉がある。「すべては未来のために」。市民の心に燃え続けた言葉だ。
(by EH)
 
[PR]
by hikonekeikan | 2008-01-27 17:20 | フォーラム

辻番所をもつ足軽屋敷の保全に彦根古民家再生トラストを結成

d0087325_2233092.jpg■彦根城下町のシンボルを守る「市民基金」(シビックトラスト)
昨年12月1日、『彦根古民家再生トラスト』が発足しました。トラストは、その規約で「彦根の貴重な歴史建造物の保全と活用を図るために、資産の買取や保全活用に必要な資金の獲得を目的とする」とうたっています。

■辻番所をもつ足軽屋敷を守ろう 
トラスト発足のきっかけは、芹橋に残った「辻番所をもつ足軽屋敷」が家主のご都合により売却されることになったことです。売却されると資産価値のない古い建物は取り壊されます。彦根城下町のシンボルというべき貴重な歴史建造物を破壊から守り、恒久的に保全しなければならない。そのためには、市民が資金を出し合って「彦根古民家再生トラスト」(基金)をつくり、買い取るしか方法がない。
このような考えから、地元の「芹橋足軽倶楽部」の人々とNPO彦根景観フォーラムが共同で呼びかけを始めました。幸い、新聞各社の関心を呼び、大きな紙面で幾度も報道してくれました。

■「彦根古民家再生トラスト」が発足
 芹橋にお住まいの方とNPOのメンバー5人が中心になって、トラストの発起人への参加を呼びかけたところ、早速60人近い方々に賛同をいただき、昨年12月1日、トラスト発起人会を開催し、辻番所をもつ足軽屋敷・磯島邸で発足に至ったものです。
 トラストの理事長には、山崎一眞滋賀大教授、その他に理事7名、監事2名、会計1名を選出しました。
目標募金額は1000万円です。個人は小口千円、大口は1万円から。
皆様から要請があれば説明に伺いますので、気軽に声を掛けてください。ふるってご寄付いただきますようお願いいたします。
詳しくは、
NPO法人 彦根景観フォーラム (電話:0749-27-1141)まで
取扱機関:滋賀銀行 彦根支店 口座番号267886 
滋賀中央信用金庫 口座番号0623881


次回は、辻番所をもつ足軽屋敷・磯島家について、滋賀県立大学濱崎研究室の
調査結果を紹介します。おたのしみに。
[PR]
by hikonekeikan | 2008-01-14 22:03 | 辻番所・足軽屋敷

世界遺産をめざす彦根の課題 第1回

あけましておめでとうございます

昨年は、彦根城築城400年祭で、彦根のまちは大いに盛り上がりました。
とくに、市民の皆さんのなかに自分たちのまち彦根を冷静に再評価する機運がうまれ、
実際にまちを見直し、まちを楽しむ人たちが現れてきたことはすばらしいことでした。

 そこで、この機会に「彦根を世界遺産にすることができるか」という壮大なテーマを
考えてみました。
 今回は、彦根のまちをご紹介してみます。きっと目からウロコが落ちる(?)
と思いますよ。次回から世界遺産シンポジウムの様子を載せますので、まずは
準備体操のつもりでお読みください。


 彦根は、400年前に彦根山とその周辺の低湿地に、徳川幕府の天下普請として大
土木工事をおこない、ゼロから新しい町を、当時の理想の都市計画のもとに作った
「幕藩制の理想を体現した近世城下町の完成形」でした。
 そのまちづくりは、戦国時代の戦乱から安定した社会を構築しようとする徳川幕府の
社会づくりの思想を如実に示しています。

 あまりなじみのない考えかもしれませんが、城下町は「武士の容器」でした。
各地にあった城は「城わり」(廃城)され、藩ごとに1つの城しか認められず、
すべての武士はその城下町に住むように封じ込められた、いわば「植木鉢」です。
そして、身分制の頂点である藩主を江戸に集住させてコントロールしたのが
幕藩制でした。
 城下町というと敵の侵入から城主をまもる軍事装置と思われがちですが、近世城下町は
武力をもつ武士にそのような意識を持たせて封じ込めサラリーマン化した巧妙な罠であり、
その表現装置としての性格が顕著にあらわれているのが彦根城下町だと思います。

 こうした仕組みによって徳川幕府が250年以上もの長期にわたり各地に展開した軍事政権
を統治し、平和を維持したということは、「ローマの平和」と比べうる世界史上極めて希なこと
です。その意味で世界史上、貴重な遺産が彦根城下町であると言えると思います。
 しかも、こうした幕藩体制の形成、発展、停滞、破綻、開国、経済の混乱と近代化の跡が、
奇跡のように町のあちこちに残されており、まるで「年輪を積み重ねた」ようなまちであること
が彦根の最大の魅力です。

こうしたまちなかの歴史遺産は、いま破壊の危機に瀕していますが、破壊さえも歴史の年輪
の一部に思えてくるから不思議です。(by EH)


d0087325_18471871.jpg

 
[PR]
by hikonekeikan | 2008-01-12 14:29 | 公開講座