NPO法人 彦根景観フォーラム

<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

街なかの道路拡張を止めた 歩いて暮らせるまち、歩いて巡るまち 犬山城下町再生の物語 第1回

(「その時、歴史が動いた」風) 

 こんばんは。
 今夜も「その時、歴史が動いた」をごらんいただき、ありがとうございます。
 さて、今日の「その時」は、2005年(平成17年)3月11日。
 愛知県犬山市で、ひとつの歴史的な決定が下されました。

 それは、城下町のなかに幅16mで計画され、すでに着手した都市計画道路を、それまでの決定をくつがえして、現在の道路幅である6mに変更して整備するという計画変更でした。国が認定し着手までした都市計画道路を実質的に廃止するという、この変更が実現した裏には、実に10年にも及ぶ市民と行政との紆余曲折の歴史と、苦難に果敢に立ち向かった名もなき多くの人々の取り組みがあったのです。
 今夜は、ついに国と県を動かした犬山市民と市役所との城下町再生にかける熱い思いの物語をお伝えします。♪


 国宝犬山城。戦国時代から続く城郭は、国宝4城の中でも最も古い城です。その城下町として発達した犬山市中心部は、現在の都市の骨格図と江戸時代の城下町絵図を重ね合わせると、ぴたりと合う歴史的な町割の残る街です。

 戦後間もない昭和25年、この歴史的な町割を縦横に分断する形で都市計画道路が計画されました。その後、高度経済成長期に突入すると自動車の交通量増加に対応する形で昭和46年に、城前線、本町通線、新町線の3路線が幅16mに拡幅する計画が決定されました。時を同じくして郊外にニュータウンが開発され、駅前や幹線道路沿いに大型店が進出、中心市街地の衰退が始まります。そこで、多くの地方都市は、中心市街地の道路を広げ、人と車の流れをつくり、そこに商業施設をつくれば中心市街地は再生すると考えました。狭い道路の拡幅がまちづくりの切り札となったのです。


 d0087325_0115565.jpg1993年、犬山市でも全国から少し遅れて新しいまちづくりへの動きが始まりました。
 市からの要請で城下町の地区ごとに街づくり委員会が設立され、翌年1994年平成6年には、各地区のまちづくり委員会を総括する組織として「犬山北のまちづくり協議会」が設立されました。これは、犬山城大手から南に伸びる本町通とこれに直交する新町通を幅16mに拡幅することを前提として、新しい城下町風の商業施設を中心としたまちづくりを推進しようという、行政とタイアップした組織でした。

 一方、1984年、名鉄犬山駅裏に大型ショッピングセンターが開業することをきっかけに発足した「犬山の街並みを考える会」の人々は、この道路拡幅によって歴史的な建造物がことごとく消えてしまうことを危惧し、道路拡張に反対を表明、古い町並みを生かして活性化を図ろうと活動を始めます。しかし、古い城下町の人々は、お上である行政に反発はしても結局は依存する保守的な気風で、反対は一部にとどまっていました。

 翌1995年、市長選の争点に一つに道路拡張問題が取り上げられます。そして、激戦の末に、道路拡張派である現職を破って石田芳弘市長が誕生します。
 とはいえ、道路拡幅は選挙の争点の一部に過ぎず、賛成者も多いこと、激しい選挙戦のしこりもあって、道路拡張の流れはとまりません。


 1996年、市長は議会で城下町地区の都市計画道路の事業着手を表明。地元説明会を開催し、住民の合意を得ていきます。一方、「犬山のまちなみを考える会」は、「全国まちなみゼミ」を1996年9月に犬山市に誘致、道路拡幅の是非を、外の目に問いました。

 この「全国まちなみゼミ」で、最初に取り上げられたのが滋賀県彦根市でした。彦根も犬山と同じく江戸時代の城下町絵図が現代の都市の骨格とぴたりと一致する城下町でした。
 国宝彦根城から、まっすぐに南へ伸びる「夢京橋キャッスルロード」。
 ここは、彦根城下町建設の起点となった場所で、築城当時からの幅6mの道路が自動車交通の増加にそぐわないという理由で1985年に工事を開始、幅18m、セットバックを含めると幅20mの道路の両側には江戸町家風の商店が整然とならぶ美しく新しい街が1999年(昭和11年)に完成しました。
 都市景観大賞を受賞したこのまちづくりは、城下町活性化の新しいモデルとして、犬山市で開かれた「全国まちなみゼミ」でも紹介されました。これこそが、犬山市の行政、そして全国の地方都市が目指していた姿でした。


 ところが、思いがけないことが起こります。

 次に事例報告をしたのは、宮崎県日南市の市長でした。日本の伝統的建造物群保存地区制度(1975年)は、1970年代前半、日南市長が城下町飫肥(おび)地区の町並みや飫肥城の復元の為に大規模な運動を行ったのがきっかけとされ、復元された飫肥城大手門、本丸御殿の松尾の丸をはじめ、藩校や武家屋敷通、町並みと合わせて、国の「重要伝統的建造物保存地区」に選定されています。この保存地区でも、1976年から1983年にかけて道路を拡幅した江戸商家群の復元による商店街づくりを、55億円をかけて実施、1984年(昭和59年)「潤いのあるまちづくり」で自治大臣表彰を受賞しています。
 この歴史的空間のデザインを取り入れた大改造、大手術によって美しく再整備された中心市街地は再び活性化するはずでした。

 しかし、市長は「手術は成功したが、まちは死んでしまった」と言ったのです。道路を拡幅し、古い建物を壊して新しい江戸町家風のまちなみに建て替えても必ずしもまちが復活するわけではない、逆にさびれることもあるという事実は衝撃的でした。

結局、全国町並みゼミは、犬山市は道路拡幅をすべきではないという決議をして終わりました。

(つづく)
[PR]
by hikonekeikan | 2008-03-30 23:49 | フォーラム

『それぞれの彦根物語 第41回』 3月22日


彦根城築城400年祭の市民サポーター 彦根を盛り上げ隊
d0087325_23241847.jpg 



国宝彦根城築城400年祭市民文化創造部会・部会長、
彦根を盛り上げ隊   岡本 博之さん



 「それぞれの彦根物語」では、彦根城築城400年祭の振り返りを行っています。
 400年祭は、「おんぶにだっこ」のお上依存意識が強いといわれていた彦根で、自ら考え自ら行動する市民が相当な数で前面に躍り出て活躍した転換点ではなかったでしょうか。まちなかギャラリーを開いた角さん、オニバスプロジェクトの中川さん、屋形船でお堀めぐりを楽しんでもらう事業を立ち上げた小島さん達。
 今回は、実行委員会・市民文化創造部会の部会長であり、彦根を盛り上げ隊のメンバーでもある岡本さんと、彦根を盛り上げ隊の隊長の正村さんのお話を聞きました。
概要は後日報告されますので、印象深い点をいくつか紹介しましょう。

 まず、市民文化創造部会という発想が秀逸です。
 400年祭実行委員会は、主催事業23を行う主催部会の他に、実行委員会以外の団体が400年祭に協賛して行う50事業と後援する58事業を担当する協賛部会がありました。ここまでは普通ですが、新しく市民の提案や発意を募集して実現、事業化していく市民文化創造部会が設けられました。そして500通の市民提案をもとに、「彦根江戸実感劇団」、「キレイHIKONEキャンペーン隊」、「彦根どんつき先導隊」、「ゆらっと遊覧 彦根城お堀めぐり」の4事業を企画します。そして、この4事業を実施するために市民サポーターを募集したのが「彦根を盛り上げ隊」です。当初40名でスタートしましたが、正村隊長以下の熱意あふれる積極的な活動に賛同する人々が次々に集まり、最終160名が登録します。
 これは、一種の新ビジネスを起こす起業の仕組み、ベンチャーを育成するインキュベーター(孵卵器)と呼ばれる仕組みです。それを実行委員会に組み込むという優れた発想は、400年祭が終わった後に何を残すのかを深く考えた人たちがいたことを物語っています。

d0087325_23251191.jpg  第2に、「彦根を盛り上げ隊」は、400年祭を盛り上げるためのサポーター集団だと思っていましたが、もうひとつの意味が込められているのです。それは、彦根をもりあげるために、市民「を」サポートするしくみだったのです。
 実際に盛り上げ隊に参加した人が当日も参加されて感心されていましたが、いろいろな市民の思いを聞き、「やりましょう、一緒にやりましょう」と積極的にサポートし、自らする活動に巻き込んでゆく「彦根を盛り上げ隊」の、市民を市民がサポートする魅力あふれるしくみは、一人ひとりを元気にし、仲間を、市民を、そして訪れる人々を活性化します。これは、災害ボランティアの経験をもつ正村隊長の人柄も大きく貢献していると思われます。
 いつも思うのですが、まちの財産は実は人なのです。一人ひとりの行動力や資金、知識は限られていても、多くの人がつながることでたくさんの引き出しができて、一つの方向に動き出すとき、人は生き生きと活動し、まちは輝き始めます。すでに次のステップに向けて動きだしている「彦根を盛り上げ隊」には、そんな魅力ときっとやってくれるという自信を感じます。

 もうひとつ、面白かったのは、こうした活動と岡本さんの本業との関係でした。
 岡村酒造は、酒蔵を公開したり、酒の仕込み体験などを行って有名人も多数訪れています。岡本さん自身は、都会のサラリーマンをやめて実家を継いだのですが、彦根でのまちづくり活動を通じて古いものの魅力に気づいたことが新しい取り組みの大きな契機になったと参加者の質問に答えられました。
 400年祭を境に、彦根は人も事業も変わったと感じた一日でした。
[PR]
by hikonekeikan | 2008-03-30 23:29 | 談話室「それぞれの彦根物語」

第1回 芹橋・辻番所シンポジウム のおしらせ

NPO法人彦根景観フォーラムでは、3月15日(土)13時より、「第1回 芹橋・辻番所シンポジウム」 を開催いたします。
市民の皆様のご参加をおまちしています。
----------------------------------------------------------------

d0087325_0585832.jpg
  

    『公開・足軽辻番所 そして 芹橋地区の未来と彦根』

【日 時】 平成20年3月15日(土)13:00~16:15
【会 場】 辻番所のある足軽屋敷 (彦根市芹橋二丁目5-19:旧12丁目)

【第1部】 『足軽辻番所を見学し、芹橋地区を探訪する』 13:00~
     谷口 徹 氏(彦根市教育委員会)、ボランティアガイドのみなさん

【第2部】 『辻番所を持つ足軽組屋敷の再生と活用を考える』
  1.話題提供「辻番所を持つ足軽組屋敷の修復について」
     濱崎一志(彦根古民家再生トラスト理事、滋賀県立大学教授)
  2.話題提供「辻番所をもつ足軽組屋敷を活用した足軽コモンズ構想」
     山崎一真(彦根古民家再生トラスト理事長、滋賀大学教授)
  3.意見交換

【第3部】 『芹橋地区の未来を考える』
  1.講演「路地裏の魅力と再生」
     青木 仁 氏 (東京電力株式会社 技術開発研究所 主席研究員)
  2.意見交換

------------------------------------------------------------------
主 催:彦根古民家再生トラスト、芹組倶楽部、NPO法人彦根景観フォーラム
共 催:滋賀大学産業共同研究センター、滋賀大学地域連携センター
※参加費無料  ※定員:50名
[PR]
by hikonekeikan | 2008-03-11 01:00 | お知らせ&NEWS

『それぞれの彦根物語40』 【彦根城築城400年祭特集】


「ゆらっと遊覧 彦根城お堀めぐり ―他都市に真似のできない文化遺産を使ってのまちづくり」  小島 誠司さん(NPO法人 小江戸彦根 副理事長)

d0087325_0404845.jpg 小島さん達が始めた彦根城お堀めぐりは、平成19年2月に営業を開始し、250日の期間中、1万2千人のお客様を乗せました。収支も黒字になり、船を増やして春に備えているそうです。

 一言でいうと、ベンチャー・ビジネスを起したのです。動機をはっきりとさせ、目的を掲げて事業計画を描き、協力者を集め、400年祭後も残す観光ビジネスとしてどうすれば生き残れるか戦略を考えています。しかも、社会的に意義の高い目的を掲げるコミュニティビジネスです。
 驚いたことに、この船は井伊家の「新藩主御好屋形船」を、フェリックス・ベアトが幕末に撮影した屋形船の写真を横浜市立開港資料館で発見して復元し、文化庁の許可を得ているのです。つまり、本物の屋形船、本物の城、本物の石垣という点が、松江などと比べて観光競争上の強みになっているわけです。「ほんもの」は、どんなものでも圧倒的な競争力があるのです。それに気づいて磨けば光るのですが、偽物は光りません。「文化遺産の彦根城に新たな企画や気持ちを入れることで「リファイン」する」という言葉も新鮮でした。そのとおりですね。

 屋形船、自転車タクシー、戦国丸など、継続するビジネスが起こってきたのは、すばらしいことです。これからも、一緒にかんばりましょう。
 また、フェリックス・ベアトが幕末に撮った膨大な写真の中に、彦根の景観が含まれているという事実はおどろきでした。A・パーソンズにつづく新発見になるかもしれません。

 ところで、小島さんも指摘されていましたが、400年祭には、「振り返り」がありませんね。「振り返り」とは、「他人事ではなく、自分事として」整理し直すことで、明日への糧だと思います。
「それぞれの彦根物語」で是非、「振り返り」をしてみましょう。
 
次回は、つぎのとおりです。お楽しみに。

【彦根物語41】平成19年3月22日(土)10:30~12:00
「彦根城築城400年祭の市民サポーター 彦根を盛り上げ隊」
 岡村 博之さん (400年祭市民文化創造部会 部会長、彦根を盛り上げ隊 発起人)

4月号も、【彦根城築城400年祭特集】です。
【彦根物語42】 平成20年4月5日(土)10:30~12:00
    「音楽で生活をおもしろく(^o^)、会場のみんなで演奏♪、タノシックコンサート」
       寺村 邦子 (ギネスに挑戦実行委員会発起人)

【彦根物語43】 平成20年4月19日(土)10:30~12:00
    「佐和山一夜城復元プロジェクト」
       和田 一繁 (彦根商工会議所 青年部会長)

【彦根物語44】 平成20年4月26日(土)10:30~12:00
    「ベロタクシー ~町の風景になじむ移動手段」
     齋藤 毅  (NPO法人五環生活 自転車タクシー事業部リーダー)
[PR]
by hikonekeikan | 2008-03-11 00:44 | 談話室「それぞれの彦根物語」

第5回 世界遺産を目指す彦根の課題

世界遺産準備状況報告書

 前回まで、西川先生の講演「世界遺産をめざす彦根の課題」と、市民討論の内容をお知らせしてきました。
 結論としては、①彦根は、城下町を含む「文化的景観」で世界遺産に登録できる可能性があること、②現状は、彦根の目指すべき都市ビジョンがなく大部分の市民は世界遺産をまちの発展のなかに位置づけられない状態である。③外からの目をいかして彦根の魅力を磨く方向を持った「市民と行政の問題解決プログラム(仕組み)」をつくること、④そのことに気づいて実践しているとまちが輝いてくる。普段の暮らしの延長に世界遺産があるようなまちづくりをしていきたい、という市民の提案でした。d0087325_2018477.jpg

 それにしても、西川先生のビジョンといい、市民の皆さんの意見・提案といい、すばらしい。まちは最高の教科書といいますが、私に言わせれば市民こそ最高の「師匠」、「マエストロ(芸術家)」です。「世界遺産がなんなの! 市民には迷惑なだけ」というTさんの意見は、世界遺産が目的ではなく手段であること、究極の目的は市民がまちに誇りをもち、いきいきと暮らせる、彦根の強みをいかした「年輪を刻むまちづくり」であることを教えてくれます。「外からの目を活用した市民と行政の問題解決プログラム」というSさんの言葉も、核心をついています。まちづくりには、具体的な問題がいっぱい出てきます。それを、大局を見失わずにどう解決していくか、よく練られた言葉です。

 まちは生きていて、そこに生きる市民のさまざまな物語があり、その物語はちゃんと歴史的な意味と意図があり、外からの目を活用して、きちんと読み解けば、自分たちのまちの輝きを自覚でき未来を描くことができる。そして、青い鳥が足元にいることに一旦気づけば、まちの美化や歴史イベントなどの普段できることから実践していくことによって魅力的なまちになり、その魅力に魅せられて多くの人と人材が集まり、ますます魅力的になってゆく。 そんなことを教えてくれます。

 ところで、2月29日の新聞に次のような記事がのりました。

--------------------------------------------------------------------------------------------
 彦根城の世界遺産登録を推進する方策を考える有識者の懇話会が2月28日、彦根市民会館で本年度最後の会合を開いた。市側は世界遺産暫定リスト記載資産としての準備状況報告書を昨年12月、文化庁に提出したことを明らかにした。
 報告書のタイトルは「彦根城と城下町-大名文化の華ひらく近世城郭都市」。城郭だけでなく城下町なども広く構成資産(コア・ゾーン)に含めた。
 6月末から開かれてきた懇話会での意見を反映。彦根城や佐和山城跡のほか、旧魚屋町や善利組足軽組屋敷、花しょうぶ通り商店街、七曲がり仏壇街といった城下町、高宮や鳥居本といった中山道の宿場町も構成資産として挙げた。
 この日の会合では、長野県松本市からの働き掛けで市が近く共同研究を始める国宝4城での登録案については、委員から「城下町の残る彦根城独自の位置付けにもっと自信を持つべきだ」などと、消極的な意見が相次いだ。
 今後、市は準備状況報告書をもとに構成資産の調査や彦根城の普遍的価値の証明に取り組むとともに「選択肢の1つ」として4城の共同研究にも参加していくという。
--------------------------------------------------------------------------------------------

 彦根市が提出した報告書は、私たちの考えと大きな方向(ベクトル)が一致しています。本当にうれしいことです。(ただ、「大名文化の華ひらく」という言葉は「文化的景観」の意味を取り違えているのかもしれません。)
 国宝4城での登録案については、私も疑問を抱きます。姫路城と同じカテゴリーの遺産が他に3つあるから、変更認定で4城を一括して認定するというのは、手法的にはあり得る話です。ただ、この場合は城郭しか視野にありません。手っ取り早く世界遺産になりさえすればよいという意識があるのではないか心配です。(世界遺産は目的ではないというTさんの言葉が身に浸みますね)
 ただ、4城が一緒に検討することには大いに賛成です。近世の城の特色は城下町とともにあったことであり、現在抱える課題も共通しています。そしてそこには問題解決のすばらしいモデルがあることを最近知ったのです。

 きっかけは、福田首相がトップを勤める内閣官房地域活性化統合本部で、今年の1月29日に「都市と暮らしの発展プラン」が承認されたことでした。そのプランの3つの柱の一つに「安全・安心で豊かな都市生活の実現」があり、「地域の歴史・文化・景観を活用したまちづくりの取組例」として彦根そっくりの城下町が取り上げられ、歴史まちづくり法案の提出予定、20年度に歴史的環境形成総合支援事業の創設を盛り込んであることを知ったのです。わが目を疑いました。どう見ても彦根をモデルにしているとしか思えません。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/siryou/pdf/0801hattenplangaiyou.pdf


 ところが、調べてみると、国宝犬山城をもつ犬山市の取組がモデルになっているようだとわかりました。さらに、犬山市では驚くべきまちづくり、市民と行政が紆余曲折のなかから10年がかりで進めている城下町復活の物語が展開されていることもわかりました。

 そこで、次回は犬山市の物語を、NHKの人気番組「その時、歴史は動いた」風に紹介します。世界遺産が地域経済を沈滞させるという疑問にも答えられると思います。題して、♪「街なかの道路拡張を止めた! 歩いて暮らせるまち、歩いて巡るまち 犬山城下町再生物語」♪ お楽しみに (つづく)(By E.H)
[PR]
by hikonekeikan | 2008-03-08 20:25 | フォーラム