NPO法人 彦根景観フォーラム

<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

6月1日(日) 第2回芹橋・辻番所の活用を考えるシンポジウム 開催にむけて

 第2回 芹橋・辻番所の活用を考えるシンポジウム を、6月1日(日)午後1時から、芹橋2丁目5-19の「辻番所のある足軽屋敷」および四番町ダイニング3階ホールで開催します。(詳しくは、前々回のお知らせをご覧ください。)
それに先だって、3月15日に開催しました第1回シンポジウムの様子を簡単に紹介します。


第1回シンポジウム
足軽屋敷と辻番所、そして芹橋地区の未来と彦根

 
 江戸時代、彦根城の外堀と芹川に挟まれた芹橋地区には、彦根藩最大の足軽組織「善利(せり)組」の組屋敷が約700戸ありました。
 しかし、転売や老朽化による建替などにより、現在は30戸ほどに減っています。
 江戸時代の見張り小屋「辻番所」を備えた足軽屋敷も、所有者の都合により売却・除却されることとなったため、急遽、地元の「芹橋足軽倶楽部」とNPO彦根景観フォーラムが買収・保存しようと市民有志によびかけ、「彦根古民家再生トラスト」を昨年12月に結成、1000万円を目指して寄付金を募り、3月末までに約550万円を集めました。

 第1回シンポジウムは、この足軽屋敷の保存とまちづくりを考えようと「彦根古民家再生トラスト」、芹橋足軽倶楽部、彦根景観フォーラムなどが初めて開催したもので、平成20年3月15日、彦根市芹橋2丁目の現地一帯で開かれ、市民ら約80人が参加されました。

辻番所・足軽屋敷の現地説明
 第1部は、芹橋の辻番所前で、彦根市教委の谷口徹さんが、足軽の組織や役割、かつて足軽が交替で辻番所の小窓から通りを監視していたことなどを説明されました。参加者は、足軽屋敷の武家らしい間取りや辻番所の内部を見学した後、目板塀と門とで構成される町なみと城下町特有の「どんつき」や「くいちがい」が残る町割りを、ボランティアガイドの皆さんの解説を聞きながら散策しました。
d0087325_0242576.jpg


建物の現状評価
 第2部は、四番町スクエアのホールで、濱崎一志・滋賀県立大教授が辻番所や主屋の構造、柱や床下の状態や耐震補強の必要性などを解説しました。辻番所は腐食や度重なる車の衝突で早急な修復が必要であり、足軽屋敷も重要な柱に白アリ被害があり補強が必要と判明しました。
d0087325_0245290.jpg


足軽コモンズの提案 
 つづいて、トラスト理事長であり彦根景観フォーラムの理事長でもある 山崎一眞・滋賀大教授が、辻番所・足軽屋敷を「足軽コモンズ」として活用する構想を提案しました。
これは、
①地元の人たちが自分たちの共有空間として活用しつつ、
②彦根を訪れる来訪者に地元の歴史を伝え体感する場を提供し、交流を図る、
③点在する本物の足軽屋敷をめぐる「歩く足軽博物館」の核施設としても機能させる
④彦根城→キャッスルロード→四番町スクエア→足軽組屋敷地区→芹川けやき並木の新散策  路の形成につなげる
というものです。
 これについて、芹橋の市川さんが「地域に住む生活者の視点が抜けていないか」と質問、山崎教授は「4月以降、住民の皆さんと話し合うワークショップを設けたい」と答えました。
d0087325_0252725.jpg


芹橋地区の未来を考える
 第3部は、「芹橋地区の未来を考える」というテーマで、青木 仁(ひとし)東京電力技術開発研究所主席研究員が講演されました。
青木さんは、「日本型街づくりへの転換(ミニ戸建・細路地の復権)」(学芸出版社,2007)などの著書があり、芹橋のような狭い路地を拡幅して、クルマが自在に入れる広い道路をつくる近代的まちづくりが、景観保全上も、都市経営上も行き詰まっていることを指摘しました。
そして、持続可能な都市経営の視点から、脱クルマのまちづくり、すなわち人が歩くことを基本とする細路地のシステムを再評価すべきだとされ、いくつかの路地の活用事例を示されました。
また、防災上の最大課題である地震での倒壊と火災の延焼の危険についても、狭い道路が被害を拡大させるとして道路拡張や都市改造に結びつけるのは誤りで、個々の建物の耐震性と耐火性の向上こそが第1に取り組むべき課題であるとされました。
d0087325_02687.jpg


保全に向けた取り組み
 意見交換では、芹橋足軽倶楽部の会員で芹橋地区の自治会長でもある渡辺さんが、足軽屋敷の保全にむけた地域での取り組みを紹介され、市議会議員の有馬さん、細江さんが彦根市で新設された「文化財保護基金」の活用の可能性について報告されました。
d0087325_0264217.jpg

d0087325_02783.jpg
d0087325_0272640.jpg

[PR]
by hikonekeikan | 2008-05-27 00:32

大地震にも粘り強く耐える!伝統木造民家の耐震改修(1)

ひこね街の駅「寺子屋力石」の耐震改修ワークショップ  
 平成19年9月29日(土)から10月31日までの約1ヶ月をかけて、彦根市花しょうぶ通りにある江戸時代からの古民家「寺子屋力石」の耐震改修工事(第1期)が行われました。
 
 これは、大学の研究者、一般の建築士、工務店、学生と市民で結成された「木造伝統構法 彦根研究会」(座長:金沢工業大学名誉教授 鈴木 有(たもつ)先生、コーディネーター:滋賀県立大学環境科学部教授 柴田いづみ先生(彦根景観フォーラム副理事長))が、実際に伝統構法で建てられた古い民家を耐震改修したものです。
d0087325_0573383.jpg

 一般の木造住宅の耐震改修方法では、かえって悪い影響が出るとわかってきた伝統的な木造建築を、どのようなポイントに注意して、どう改修すればいいか、専門家と市民によるワークショップで、住み手の満足も考えながらみんなで学んだ貴重な1ヶ月でした。
今回から3回にわたってその様子をお知らせします。


木造住宅の耐震性の不安 
 1995年の阪神大震災では、多くの古い木造住宅が倒壊して大きな被害を出し、木造住宅の耐震性能向上が大きな課題になっています。彦根市内にも伝統的な木造住宅が多くあり、行政による耐震診断が無料で行われていますが、住民の地震に対する認識は高いものの、対応意欲は低いのが実情です。

 今回、寺子屋力石の耐震改修の現場を見学にこられた市民の皆さんからも、「阪神大震災の経験から古い木造住宅が地震に弱いとは知っている。しかし、具体的にどうすればいいのか解らない。工務店に相談すれば新築を勧められる。だが、若い時分ならともかく中高年で建てかえ資金を用意するのは躊躇する。」という声が聞かれました。
 これには複雑な問題が絡んでいますが、「木造伝統構法が地震に弱い」という評価は必ずしも的確ではありません。
 
 幾度もの地震に粘り強く耐えた実績をもち、百年以上の長寿命をもつ木造住宅の伝統構法から学ぶ点も多いと考えられます。「木造伝統構法彦根研究会」では、このような視点から伝統木造住宅の耐震性能に関する知識を集約し、実際の住宅である寺子屋力石に当てはめて耐震診断と耐震改修を実施しました。


木造伝統構法とは? 
 ところで、「木造伝統構法」とは何でしょうか、本当に地震に弱いのでしょうか。

 「木造伝統構法」は、神社や寺院・伝統的な民家などに多い日本古来の構法で、太い柱と大きな梁(はり)を使うのが特徴です。斜め材である筋交い(すじかい)はなく、貫(ぬき)という水平の木材を使って建物を固め、地震や台風などの水平の力に抵抗する粘りと復元力のある構造で大空間を作ることができます。また、土台は基礎の上に載っているだけで、固定されていません。壁は柱が外に出る「真壁」が多く使われています。建物内部は外に比べて壁が少なく、板戸・襖・障子などの建具によって部屋を仕切っています。
d0087325_23552227.jpg
d0087325_2356763.gif


木造在来構法との違い 
 一方、「木造在来構法」も、柱や梁という木材 (軸組) によって建物を支える構造で、「日本にもともとあった構法」という意味ですから、木造伝統構法と混同しやすい名称です。「ツー・バイ・フォー」などと対比してよく聞かれます。
 木造伝統構法との大きな違いは、主な接合部を金物で補強し筋交いという斜め材を入れ、地震や台風などの水平に働く力に抵抗している点にあります。また、土台は基礎に強く固定されています。細い柱や梁で作られた庶民の住宅を強くするために、伝統構法を基礎としながらも西洋の考え方を取り入れ、耐震性能を考慮した比較的新しい構法で、1950年の建築基準法制定により義務づけされました。壁は主に柱の外側に合板を貼る「大壁」構造で、内外ともに壁が多い家になっています。

d0087325_23575011.jpg
d0087325_23581362.gif


地震を受け流す粘り強さ-耐震性能の違い
 在来構法では、筋交い入りの耐震壁を中心とした剛性の高い壁を多く採用しているのに対し、貫や土塗壁を用いた伝統構法では剛性が低く、揺れやすいのですが、押す力による建物の変形と耐える力の関係をみると、大きく変形した場合「在来構法」では急激に耐える力が落ちるのに対して、「伝統構法」はいつまでも耐える力が落ちません。
 これは伝統構法が土壁を壊す、接合部で変形を吸収するなどしてゆれを柔軟に受け流す仕組みを持つためと考えられます。
 また、伝統構法では、基礎の上を土台がすべることで、建物にかかる地震の力が軽減されていることが確認されています。


耐震改修のしやすい伝統構法

 伝統構法の家は建物の組み立てと逆の手順を踏むことで部材が容易に解体でき、傷んだ部分を継ぎ直して補修することができます。また、痛んだり壊れた土壁は塗り直しすることができ、柔軟性が高くエコロジカルな住まいであると言えます。

 冬の寒さ、内部の暗さ、プライバシーなどで使いにくい部分に目がいきがちですが、そうした欠点を伝統構法の耐震性を損なわないフォームによって克服すれば、日本人の美意識を満足させる情感豊かな生活が味わえる優れた点があります。
 
 伝統構法は、その特長を生かしたリフォームによって耐震性能の向上が可能なのです。   

(つづく)
[PR]
by hikonekeikan | 2008-05-25 01:06 | 辻番所・足軽屋敷

第2回 芹橋・辻番所の活用を考えるシンポジウム・6月1日(おしらせ)


 彦根古民家再生トラストでは、辻番所をもつ足軽組屋敷の買い取りのため市民募金を呼びかけています。おかげさまで募金額は550万円を超えました。目標額1千万円にむけてもう一がんばりです。
 さて、3月15日に開催した第1回シンポジウムでは、建物の状況報告や地域の人たちの共有資産として活用する方針などが提案されました。
d0087325_2027424.jpg 

 今回のシンポジウムでは、芹橋の歴史を踏まえ、この足軽屋敷を地域でどう活用するか、をより具体的に考えます。 
 ワークショップ形式で、一人一人の具体的な希望や意見を出し合って、まとめていきます。
芹橋地区の人はもちろんのこと、市民の方、まちづくりに関心のある方は奮ってご参加下さい。

日時:平成20年6月1日(日)13:00~16:30
場所:彦根市芹橋2丁目5-19 辻番所のある足軽屋敷前(集合)

日程:
第1部  辻番所のある足軽屋敷の公開、芹橋地区の探訪     13:00~14:00
        会場:辻番所のある足軽屋敷前 受付

第2部  講演「足軽善利組と芹橋地区(仮題)」         14:00~15:00 
        京都女子大学 母利 美和 教授     会場:四番町ダイニング3階ホール

第3部  話し合い(ワークショップ)                   15:00~16:30
       「辻番所のある足軽屋敷の活用」    会場:辻番所のある足軽屋敷内

d0087325_20282397.jpg主催:
彦根古民家再生トラスト、善利組足軽倶楽部、NPO彦根景観フォーラム
共催:滋賀大学産業共同研究センター/地域連携センター

問い合わせ先 
滋賀大学産業共同研究センター 
TEL:0749-27-1141 FAX:0749-27-1431 
[PR]
by hikonekeikan | 2008-05-18 20:34 | 辻番所・足軽屋敷

《談話室》 彦根まちなか博物館 (2008.5.17)

それぞれの彦根物語45  彦根城400年祭特集

彦根には素晴らしいモノがありました -彦根まちなか博物館-

d0087325_1792988.jpg


彦根商工会議所中小企業相談室 
   次長 安 達  昇



彦根城築城400年祭では、優れた市民プロデューサー達が泉のように湧き出て、多様なアイデアを実現し、まちを盛り上げました。今回は、「まちの便利屋」を自称する商工会議所の安達さん、みんなが頼りにしている安達さんの登場です。

眠っていた「素晴らしいモノ」に光をあてる 
 「彦根まちなか博物館」は一言で言うと、個人や企業などが所蔵しているコレクションに光を当てて展示し、みんなで楽しみ、おもてなしをしようという取り組みです。そこで、タイトルが「彦根には、素晴らしいモノがありました」となるわけです。
 素晴らしいモノとは、明治の3大書家の一人「日下部鳴鶴コレクション」、明治創業私鉄電車「近江鉄道コレクション/ミュージアム」、全国の郷土玩具を収集した「高橋狗佛コレクション」、明治/大正の商店のチラシ「彦根の引札コレクション」で、こんな素晴らしいモノが彦根にあったとはと驚くばかりでした。
d0087325_20444519.jpg 
d0087325_20453583.jpg


市民を「カリスマ学芸員」に 
 市民や企業からコレクションを集め、展示し、お客さんと交流した大変おもしろい話があったのですが、注目は「カリスマ(市民)学芸員」です。
 2007年2月に募集し、3月に養成講座を開催、3月21日には博物館がオープンし、11月25日のクロージングまで150名の市民カリスマ学芸員が運営をされました。終了直後には、学芸員感謝のつどいを商工会議所で開き、一人一人に振り返りと発表の機会を提供し、お互いに喜びを分かち合っています。その後、全員にクリスマスカードを送り、いい関係を作っています。さすがは商工会議所であり、安達さんですね。
 それから、安達さんの発表は、オリジナル動画を使っていました。しかも、素晴らしい構成と美しさなのです。こんな放送局のようなことができてしまう時代なんですねぇ。
d0087325_2047124.jpg
d0087325_20472770.jpg


400年祭への懸念をバネに
 安達さんの話で、商工会議所は早くから400年祭に不安と懸念を抱いていたことを知りました。彦根景観フォーラムも2005年、2006年は400年祭がどうなるのだろうと強い懸念を抱いていたことを思い出しました。そして、独自に2006年5月から400年祭協賛事業として談話室「それぞれの彦根物語」を開始し、彦根の素晴らしいヒトと活動の発掘に取りかかりました。その成果を元に「彦根あそび博」として高宮、鳥居本を含む町歩きプログラムを11回実施しました。その談話室が、現在まで続いているのです。
 あらためて、400年祭を振り返ると、キーワードは、①市民・企業・NPOの力 ②まちの歴史・自然・文化、そして人材を掘り起こす(そういえば400年祭のテーマは「再発見と再創造」でしたね) ③ビジネス発想で自分たちで継続する の3つではないでしょうか。

まちを博物館にする 
 「まちなか博物館」の発想を一歩進めると「まちをまるごと博物館にしよう」となります。「彦根まるごと博物館」は、彦根市の世界遺産懇話会の提言や景観フォーラムが提案している「城と城下町」を基本とした世界遺産登録と重なってきます。では、そこでの「学び、気づき、楽しみ」はどうなるのでしょうか? 「おもてなし」はどうなるのでしょうか? 「カリスマ学芸員」は?
その疑問を解決する一つの提案が、どうやら次回の彦根物語で聞けそうです。


次回は、5月24日(土) 10:30~12:00 
滋賀大学経済学部社会システム学科2回生の河野 晃子さん 他2名による
  「城下町回遊観光促進のための取り組み 
    -ひこねまち遊びケータイ「ひこにゃんをさがせ!」-」
 です。
 城下町の古き良きものを、新しい技術で紹介し、観光客の回遊性と経済効果を引き出そうとする試みをされています。 お楽しみに。 
[PR]
by hikonekeikan | 2008-05-18 17:15 | 談話室「それぞれの彦根物語」

《談話室》 それぞれの彦根物語 2008.3.8

【彦根物語40】
 ~ゆらっと遊覧 彦根城お堀めぐり~
『他都市に真似のできない、文化遺産を使ってのまちづくり』     

d0087325_9442486.jpg




小島 誠司
(NPO法人小江戸彦根 副理事長)




 国宝・彦根城築城400年祭を契機に、市民の有志で、彦根城内堀で屋形船を運航するNPO法人小江戸彦根を立ち上げました。堀の水面からの視点で眺める景観は非常に美しく、これを活かしたお堀の利用がなかった事が不思議でした。
 ここに屋形船を浮かべ、新たな視点からの彦根城の魅力によって、観光客の滞留時間を伸ばし、彦根のまちをたっぷり楽しんで戴く道具になれば…という動機でこの事業を始めました。また従来、高齢の方、障害者の方には観光しづらかった彦根城に、船に乗って国宝の天守や櫓に門、壮大な石垣をゆっくりと眺められる屋形船というツールを設ける事で、だれでも楽しめる彦根城にしていけるのではないかとも考えました。
 彦根には他都市の真似の絶対にできないコンテンツにあふれています。
江戸時代の唯一の食用肉近江牛、日本で初めてのりんご園、世界初の自転車発明などなど。
この屋形船も、彦根藩主井伊家の使用したもので、大名・町人を問わず江戸時代の屋形船の精密な復元船としては他に例がありません。また、国指定特別史跡内で恒常的に屋形船を運航しているものとしても日本で唯一です。400年祭期間中の250日間、たった11人乗りの船で1万2千人のお客様にご乗船戴いたのも、多くの方がホンモノを求める時代になってきたからなのだなと感じます。
 文化財をただ貴重なものとして崇め奉っていても、なんにもなりません。地域の人々がそれに触れ、愛着を抱いてこそ、未来に大切に残していこうという気持ちを育めるのだと思います。

d0087325_9495488.jpg




【キーワード】
彦根城、屋形船、江戸時代、小江戸情緒、NPO法人小江戸彦根、小島 誠司、まちづくり、文化遺産、観光資源、井伊家、復元船、大名船
[PR]
by hikonekeikan | 2008-05-15 09:38 | 談話室「それぞれの彦根物語」