NPO法人 彦根景観フォーラム

<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

彦根世界遺産シンポジウム2009のお知らせ

彦根世界遺産シンポジウム2009   2009/6/13(土)

 『世界の城下町彦根の未来まちづくり』

        ~石見銀山協働会議の事例に学ぶ~ 

 彦根市では、昨年「世界遺産懇話会」が提案を公表し市役所内に推進室が設置されました。また、本年1月には彦根市が国に提案した「彦根歴史まちづくり計画」が認定され、世界遺産の本格登録に向けた道筋が見えてきました。いよいよ、世界遺産登録を前提とした未来のまちづくりを議論する段階です。

 今回のシンポジウムでは、2年前に世界遺産に登録された石見銀山(島根県太田市)の市民で構成する「石見銀山協働会議」の経験と成果を学び、未来の彦根づくりに役立てたいと考えています。
 沢山の市民の皆さん、関心をお持ちの皆さんのご参加をお待ちしています。

日時 2009年6月13日(土)
会場 夏川記念館(彦根市京町)、寺子屋力石(花しょうぶ通り)
参加無料



第1部 世界遺産石見銀山に学び・未来を語る  
    会場:夏川記念館   時間:10:30~12:30
1, 「歴史まちづくり」から世界遺産登録へ
      濱崎一志 氏(彦根景観フォーラム副理事長、滋賀県立大学教授)

2, 事例報告「石見銀山協働会議の経験」
      波多野 諭 氏(「石見銀山協働会議」副会長)

3, 討論 「彦根歴史まちづくりと市民の協働」
      コーディネータ:山崎一眞 氏(彦根景観フォーラム理事長、滋賀大学教授)

第2部 歴史的風致をめぐる 13:30~15:15 

街の駅「寺子屋力石」(集合)-西覚寺-千代神社-金亀会館(旧彦根藩藩校)-長松院-大信寺-来迎寺-芹組辻番所-足軽組屋敷中居邸-芹川犬走り-芹川けやき道-七曲がり-街の駅「戦國丸」(解散)
     リーダー:松居敏彦 氏(彦根ボランティアガイド)

お申し込み、お問い合わせ 
   Tel 0749-27-1141(滋賀大学産業共同研究センター)
   E-mail jrc@biwako.shiga-u.ac.jp
[PR]
by hikonekeikan | 2009-05-24 17:49 | お知らせ&NEWS

第5回「辻番所サロン」 足軽善利組の変遷

芹橋辻番所の会主催 第5回「辻番所サロン」   2009.4.26

  足軽善利組の変遷  

          京都女子大学教授 彦根景観フォーラム副理事長 母利 美和 

 毎月第3日曜日、芹橋二丁目の足軽屋敷で開かれている辻番所サロン「芹橋生活」。
 5回目は、コーディネーターの母利先生が、これまで紹介されてきた宗門改帳、分限帳や足軽屋敷の家並帳などを総動員して、芹橋地区の足軽善利組の変遷を全体から部分に至るまで鮮やかに解明された。彦根藩の足軽組織全体の変遷から、部分である善利組の変遷へ、さらに善利組の一部である善利橋5丁目弓組の変遷、そして弓組の手代であった佐藤家の変遷へと、まるで広角レンズで全体像を捉え、ズームインして部分を次々に拡大してゆくような手法だった。
d0087325_16234912.jpg


彦根藩の足軽の歴史
 母利先生によれば、彦根藩の足軽組は、弓組で20人の組が6組、鉄砲組は30人の組が25組、40人の組が5組、50人組が1組で編成され、合わせて1,120人の組織が寛永10年(1634)に完成し、幕末まで続いた。完成に至る歴史を見てみよう。
 井伊直政が関東に入封する以前は13組(鉄砲足軽149人、弓足軽50人)といわれ、箕輪時代(群馬県)の天正13年(1585)には足軽組が成立、佐和山に入封する前は少なくとも12組390人の編成であったと言われている。
 関ヶ原の戦いの後、井伊家は、慶長6年(1601)に新規20人組の召し抱えを含み4組の編成替えを行う。以後、慶長9年に1組、同10年に1組、同12年に2組、同13年に1組、同16年に1組、同17年に1組が編成替えされた。慶長17年の記録では17組、425人の足軽が記録されている。
 その後、大坂の陣(1614~5))以後の加増の伴い徐々に足軽を増強する。すなわち、井伊家の領地は、元和元年(1615)の5万石加増で20万石に、これに伴い元和元年、2年で6組を新設、280人を増強、ついで元和3年(1618)の5万石加増で25万石に、これに伴い元和7年に3組を新設、寛永4,5年に9組を新設して12組 395人を増強している。そして寛永10年(1633)に5万石加増で30万石となるが、このときは1組、20人が増強されただけだった。
 結局、元和3年までに23組715人、寛永5年までには36組1,100人に達し、寛永10年の5万石加増後に、一組20人の増加で37組1,120人となった。

足軽組の全編成の変遷
 この間の足軽組の増強を母利先生は一覧表に整理され、どの組が、何年に増強もしくは新設され減員されたかが一目瞭然となった。一覧表を見ると、古組と新組があることがわかる。
 大坂の陣以前に編成された古組は、下組(中薮組)、善利橋八丁目から15丁目の組であり、大坂の陣後の新組は、善利橋一丁目から七丁目・上組(大雲寺組)・中組・北組(切通組)である。寛永10年に最後に設置された組が、「梶田彦右衛門」が物頭を務める上組一丁目20人の「ち」の組であることが一目瞭然だ。

d0087325_16123994.jpg


d0087325_16113076.jpg;">芹橋における善利組各組の形成過程
 善利組に視点を絞り込んでみると、大坂の陣以前には、善利橋八丁目から十五丁目に12組295人が存在した。大坂の陣以後の元和2~3年に6組130人を新設、また95人を古組に増強して合計18組520人とし、その後2組40人新設した。さらに、寛永10年には20人組5組、30人組11組、40人組3組、50人組1組となり、合計20組600人が増強された。
 こうして、善利橋1丁目から七丁目までが完成した。このうち、5組100人が弓組であり、彦根藩の弓組の大半が善利組に存在した。他は上組に1組あるのみだった。

善利橋五丁目20人弓組の変遷
 さらに、善利橋のある組に視線を集中させてみよう。善利橋五丁目足軽弓組(「そ」組)は、元和元年(1615)「三浦熊之介」支配で20人弓組として成立し、佐藤安左衛門が手代として召し抱えられた。組の範囲は5丁目,6丁目,7丁目にわたる。
 ここで、母利先生は、家並帳で「そ」とされたこの組の足軽20人の姓名、出自、相続歴代、禄、屋敷坪、住所、妻の出自を一覧にした表を示された。家並帳a、b、c、d、御城下総絵図、家並帳eと明治四年の藩士戸籍簿の情報を統合し経歴をたどった力作だ。
d0087325_16134118.jpg

 この表で、私が注目したのは、正室(正妻)の出自だ。ほとんどが家中の足軽の家から迎えているが、家女とされているものもあり村方からと推定される。
 もう一つの注目点は、辻番所の記述だ。、家並帳aでは善利橋より西に六丁目(東側)の7軒目の位置に「辻番、明屋敷」との記述があるが、家並み帳bからは、同じ位置が「松本左太夫」に変わっている。家並帳aでは、「松本左太夫」は善利橋より西に六丁目(西側)6番の位置にいて、家並帳bでは、この位置が「辻番所、矢場入口」と記載されている。
 つまり、家並み帳aからbの間に「辻番所・明屋敷」と「松本左太夫宅」が入れ替わり、家並帳cでは継続している。ところが御城下総絵図では辻番所の位置に「清水一作」との記載があり、さらに家並み帳eでは「辻番所・矢場」に戻っている。何らかの理由で、辻番所の位置が移動されたようである。
 このほかにも、ほとんどの家が足軽の家として相続されているが、そうでない家もあり、こうした変遷を、地図上でも追っていくと、臨場感をもって足軽組の変遷を追いかけることができる。
 さらに、情報を追加すれば明治、大正、昭和から現在まで芹橋のまちの変化を追うことができる。そして、変わったものと変わらないものを比べることができる。


手代「佐藤安左衛門」家の履歴
 「そ」組の手代を勤めた佐藤家の8代にわたる履歴を、母利先生は足軽佐藤家文書((D-381)彦根城博物館寄託)により一覧表とされた。
d0087325_1615023.jpg

 初代安左衛門は、生国奥州産で、手代を数年勤め、寛文6年(1667).11.6没、正室の記載はなかった。
 2代安太夫は、養子で同じく手代を数年勤め、延宝6年(1679).8.22没、正室の記載なし。
 3代彦助も養子で、「南郡ノ人」(宇曽川より南の百姓の出)で33年勤務の後、正徳2年(1712).10.2没、後室は、「栗生村文右衛門(百姓)方ヨリ来ル」。
 4代友左衛門も養子で、善利橋11丁目中辻角の北川茂右衛門の伜子である。勤続44年で、12年間手代役を勤め、宝暦5年(1755)御番召上(別世帯で年10俵を支給される)となり、宝暦11年11.26没、妻は下組石居貞兵衛の娘である。
 5代友左衛門は嫡子で、手代役を勤め、寛政5年(1794)1.7没、妻は従兄弟にあたる佐藤就橋の娘で、佐藤就橋は戸塚家(1600石)の家老になっている。
 6代は実子であるが名前も含め詳細は不明である。
 7代友右衛門は養子で、六丁目中辻角富田智左衛門の惣領(長男)源之介である。42年勤続で手代役、弘化2年(1845)御番召上となる。没年の記載なく、妻は「おやさ」、十丁目北奥石原倉之介の娘である。
 8代喜三郎は、実子二男で、勤続年数、没年の記載はないが手代役を勤めた記載がある。妻は「わき」で石原勘介の娘である。

 佐藤家相続からは、次のようなことが読み取れる。
①養子相続はのべ4代で行われており、代々足軽の家として養子相続がされている。
②養子は家中の足軽の家からが多い。3代目のみが百姓からの養子であった。
③佐藤家は、ほとんどの歴代が手代を勤めている。
④長年勤続、手代役の勤めにより、老年後に御番上がりとなる。
⑤内室のほとんどは家中の足軽の家から迎えている。3代目は出身が村方であり、後室を村方から迎えている。 

地域資源の見える化  
d0087325_1624546.jpg これほど詳細に一軒、一軒の歴史とそれを積み重ねたまちの歴史を江戸初期まで追えるとは、正直にいって想像できなかった。さすがに近世城下町の典型とされる彦根だ。これは、他にない大きな特徴であり、まち固有の財産である。
 芹橋の景観は、日本の原風景として高い価値があると思っていたが、その価値が歴史資料によって裏付けられたと言える。私たちは、この価値を誰の目にも見えるように発信し、次の世代に大切に伝えてゆくべきだ。
 そんなことを考えながら歩いていると、「芹橋辻番所通り」と書いてある掲示板を見つけた。今までになかった掲示板だ。「こうするんだよ」と教えられた気がして、うれしくなった。
 (By E.H)
[PR]
by hikonekeikan | 2009-05-24 16:26 | 辻番所・足軽屋敷

それぞれの彦根物語61 2009/3/21

「街の駅事業」の継続性について

              姉崎 美奈 滋賀大学大学院経済学研究科経済学専攻2回生

d0087325_1061.jpg 
 今回のテーマは、私も含めて花しょうぶ通りに関心をもつ者には大変気になった。
 「寺子屋力石」と戦国ショップ「戦国丸」の事業継続について、滋賀大学の院生で、彦根景観フォーラムの学生会員でもある姉崎さんが論文発表をする。もし、継続は困難と言われたらどうしよう。
そんな不安と期待が入り混じった気持ちで参加した。

「街の駅」の立地条件
 結論から言えば、姉崎さんの研究は「街の駅」事業が続いてきた要因やメカニズムの研究であり、今後の事業の継続性の評価ではなかった。

 中心市街地商店街の活性化は全国各地で取り組まれてきたが、成功事例は多くない。
彦根の事例でみると、夢京橋キャッスルロードや四番町スクエアのように、通り全体をすべて造り替えて新しいインフラで客を呼び込むまちづくりは成功している。ただ、これには10年以上の長い歳月と数十億円の莫大な資金投下が行われていて、今後の経済状況を考えると、このようなまちづくりはこれからは困難といわざるを得ない。

 一方、花しょうぶ通りは、中心部から離れていて交通の便も悪く、道路も狭くて駐車場の確保もままならない商店街で、シャッターが目立つ銀座商店街や中央商店街と比べても明らかに立地条件が悪い。そんな商店街の空店舗活用事業として2005年に始まった「街の駅事業」が現在も継続していること自体が不思議であり、(事実、寺子屋力石では、街の駅事業以前に駄菓子屋、レコード店の経営が破綻している。)その原因を分析しようと思ったのが彼女の動機だった。

「街の駅」はなぜつぶれないのか
 姉崎さんは、「街の駅」の変遷を丁寧に追いかけて、そこにいくつかのメカニズムが働いているのを見いだし、事業継続につながる仮説として提示した。それは大学院の修士論文らしく学説に基づく難しい言葉で表現されていて、そのまま紹介するのはとても無理だ。
 そこで、超簡単に普通の言葉で表現することをお許し願いたい。
 要するに、普通なら潰れているはずの「街の駅」事業が潰れずに続いているのは、第1に、この事業が普通ではなく、その上にそれを運営する人たちも普通ではなかったこと、第2に、そこに集うお客さんも変わった人たちであったということだ。(身もふたもない言い方で申し訳ない)
d0087325_111055.jpg


事業の特徴と人や組織の特徴
 第1の点では、この事業は、2005年10月にNPO彦根景観フォーラム主催の「商人塾」で始まっている。この塾では、商店街が生き残るには、どこでも買える物販から此処でなくては得られない「対個人サービス」への転換が必須だと商店街の人たちもNPO・大学関係者も認識した。
 そして、「それぞれの彦根物語」、地元大学まちなか研究室、花しょうぶ学舎、作家による趣味の教室、パソコン教室、手作り紙甲冑教室などが次々と開催され、寺子屋力石を舞台にいろいろな趣味や嗜好を持った人が情報を共有していった。そうした中で、偶然に訪れた人によって描かれたキャラクター「しまさこにゃん」に注目し、これをビジネスにするため有限事業責任組合(LLP)ひこね街の駅が結成されてゆく。

 この過程は、寺子屋力石という「場」で、人と人との間で様々な情報が共有され、次々と知識の結合を生み出し、コンテンツビジネスへ発展していったと見ることができる。特に、商店街と大学、NPO、マスコミ、市民などの共感を伴った話し合いが、暗黙知を形式知に転換し、形式知を暗黙知に転換するナレッジマネジメントのプロセスとなり、事業を育成するメカニズムとして働いた。

 さらに、結成された「LLPひこね街の駅」は、商店街の有志と大学関係者、NPOの有志、その他の様々な職業の有志がメンバーになっており、商店街メンバーのイベント開催などで培ってきた一体感と企画力、実践力と、大学やNPOのもつ科学的な分析力や専門知識、直感力などが組み合わさって、事業計画が立てられ、マネジメントされた。
 これは、姉崎さんによると、ミンツバーグのマネジメントモデルで示されている「クラフト」「サイエンス」「アート」の結合に相当するという。(クラフトが商店街、サイエンス、アートが大学・NPOに対応する)
d0087325_14576.jpg


あたらしいもの好き達の役割
 第2のお客さんの視点からみると、どのような商品にもライフサイクルがあり、最初はごく少数の「あたらしもの好き」(イノベーター)が顧客となり、ついで「あたらしもの好き」を見ておもしろいと採用する初期採用者(オピニオン・リーダー)、さらに初期採用者を見て自分も採用する早期追随者(アーリー・マジョリティ)が生まれる。このイノベーターは全体の2.5%であり、オピニオンリーダーは13.5%、合わせて16%の普及ラインを超えると、あとは次々に普及するが、16%を超えないと失速してしまうという理論がある。

 街の駅事業のお客を分析すると、このイノベーターが重要な役割を果たしていると姉崎さんはいう。イノベーターは、人の先頭に立って新しいものを創ろうとする人であり、それらと新しいものに関心がつよい大学人やメディア関係者、歴史マニアが顧客となって事業を引っ張っていく現象がみられたという。ここでは事業の運営主体と顧客が一体化して商品やサービスの開発が行われ、1つが完成すると次々に新しい商品・新サービスの開発へと展開していくメカニズムが働き、事業が継続してきたという。(これを「主客同一発達仮説」と姉崎さんはいう。)


d0087325_19859.jpg「地域経営」につながる挑戦的な研究
 大変むずかしい理論を適用した事例研究で、本当に検証できているのか発表からだけでは伺い知ることができない。また、一例だけの研究では不十分と言われるかもしれない。
 しかし、まちづくりの本質に新しい光を当てた挑戦的な研究であることは確かだ。
 また、私たちが街の駅の活動を客観的に振り返る重要な視点を示してくれたことに、心から感謝したい。

 最近、「地域経営」という言葉が盛んに用いられている。経営学でよく知られているドラッカーは、GMなどの企業経営を観察して「マネジメント」の概念を提示した。その後、大学や病院、教会などの非営利組織(NPO)の経営についても観察し「非営利組織のマネジメント」という著作を1990年に発刊している。
 彼が、もし生きていて、多様な主体を取り込んだ「地域経営」という言葉を聞いたら、どのような見解を示しただろうかとふと思った。(By E.H) 
[PR]
by hikonekeikan | 2009-05-07 01:20 | 談話室「それぞれの彦根物語」

それぞれの彦根物語60 2009年3月14日

夢ある街づくりと安心とやすらぎの生活空間づくり

                      泉 藤博 (センチュリー21 ㈱イズミ代表取締役)

d0087325_2083084.jpg 
 3月のそれぞれの彦根物語は、花しょうぶ通りとその東に新しく作られる近江鉄道芹橋駅をめぐる話題で構成されている。
 1回目は、芹橋新駅周辺で住宅開発を進めている㈱イズミの社長 泉 藤博さんが、活発に進む彦根のニュータウン開発について語った。

創業物語と経営プロセス
 泉さんは、言葉と同時に体が動く。
 住宅の陽当たりを確保するためには住宅と住宅の間をどの程度あければいいのかを全身で表現する。それが少しも奇異に感じられない。事業への情熱が言葉と体の両方を同時に動かしているようだ。

 泉さんが平成3年に創業した(株)イズミは、彦根地区で500区画の住宅開発と約1000戸のアパート・マンションの賃貸管理、売買仲介などを手がけてきた。
 彼は、農家に生まれ、働きながら大学に通い公認会計士をめざすが失敗、地方銀行に就職し、融資でトップの成績を上げる。ここで身につけた「人を見る目、事業を見る目」を生かして不動産業を創業、バブルの波にのって会社は急成長、その後も巧みな情勢判断で業績は順調に伸びる。しかし、自身はゴルフにはまり、経営は部下任せになりナンバー2に主要スタッフもろとも逃げられ、危機に直面する。ここで、幼少の頃からの思い出や教訓を振り返り、自らの生き方を規定した「創業の精神」「経営理念」「社訓」を作り上げ、再出発する。

 その語り口は、いかにも創業者らしい情熱に満ちており、彼自身の心、技、体と事業が一体化した面白い物語になっているが、冷静に見ると、自分で考え行動する人が、機会を捉えて挑戦し、失敗し、経験に学びつつ考えや行動を修正して、成功を呼び寄せた緻密なプロセスが見えてくる。
d0087325_2016439.jpg


彦根のニュータウン開発
 泉さんの手がけた住宅開発で最大のものが、旧カネボウ彦根工場跡地に284区画の住宅を建設する「エクセレントヒルズ彦根」だ。彦根では売却された近江絹糸工場跡地に大型商業施設が進出し、市内の商業団体から反対運動が起こった。このため、産業再生機構が取得したカネボウ跡地の売却入札が成立するか危ぶまれていたが、結局、地元の(株)イズミが25億円で引き受けることとなった。

 泉さんには勝算があった。団塊ジュニアの30歳~36歳世代が子供が大きくなり一戸建てを持ちたいと望んでいた。そこで、この世代が求める住宅コンセプトを打ち出した。一つは「安全・安心」だ。万一の洪水被害を考慮して1m以上の土盛りをした。また、警備保障会社と契約し、全戸に防火・防犯の警報システムを、個別に契約する価格の3割で設置した。第二に、全区画に幅2.5mの遊歩道をつけ見通しと陽当たりを確保した。これらが人気になって全区画が完売した。

 注目すべきは、ニュータウンに入居した人たちの出身地だ。
 彦根市内の人が約50%、長浜・湖北・犬上郡の人が30%、県外が20%で、県南部の人はほとんどない。つまり、若い世代は北部から南部へ、農山村部や旧市街地から都市郊外のニュータウンへと動いている。彦根も含めた県北部全体の人口は静止しているから、空洞化は北部の農村・山村、旧市街地で進行し、その地域では高齢化率も急速に上昇しているのだ。
d0087325_20251312.jpg


ニュータウン観察のすすめ
 ニュータウンはその時代を映す「鏡」といってもよい。

 第二次世界大戦後のベビーブームで生まれた団塊の世代が親になった昭和40年代に出現したニュータウンは、人口爆発と高度経済成長、アメリカ型の大衆社会、個人の自由と核家族をよしとする価値観を表現した重要な現象だった。

 さらに、400年前には、日本各地でニュータウンとして近世城下町が誕生した。全国各地で都市や町の成立400年祭が開かれているように、東京も含めてほとんどの都市の原型が400年前に形成されたのだ。その中で、彦根は近世ニュータウンの典型として高い評価を受けている。それは、近世の武士封じ込めに代表される統治理念と経済力の集中を意図したニュータウンづくりを最もよく反映しているからだ。

 その目で、現代のニュータウンを見てみると、比較的広い区画にさまざまな形の住宅が建ち、2台以上の自家用車がその前に鎮座し、若い夫婦と子供が住みながら、どことなく寂しい印象を受ける。かつてのニュータウンが示していたような時代を象徴する新しい価値観があるようには私には思えない。古さは一切拒絶されているが、ウィークディの昼間は人の気配がなく田園部や旧市街地と本質的に変わらない。
世代住み分けの典型であるニュータウンでも、やはり「人によって人が育つ」まちづくりが必要だと思う。
d0087325_20241418.jpg


地元彦根に対する念い(おもい)
 泉さんは、「彦根には活気がない」という。滋賀県でも人口が増えているのは南部であり、彦根は大規模な開発によって人口増を図る必要があるという。具体的には、彦根城に加えて佐和山を観光開発し多くの人を呼ぶこと、彦根市の環状道路を整備し交通の便を良くして市街地の再開発を促進すること、周辺農地の開発規制を緩和して都市化することが必要という。
 私は賛成しないし実現可能とも思わないが、こうした考えが多くの市民や政治家、行政、企業人に支持されていることは事実だ。

 一方、ニュータウンとは裏腹の関係にある旧市街中心部に空家や空店舗が増え、店舗が撤退した跡に大きな空地が目立っている地域の再開発をどう考えるかという質問に対して、今の住宅需要は自動車の利用が前提になっており、車のすれ違いも困難な地区の住宅開発は、いかに地価が下がっても売れない、解決は民間では無理だと泉さんは答えた。

「減自家用車」・「減築」の時代
 では、行政の大規模な区画整理事業以外にどうしようもないのだろうか。

 問題の大きなポイントは「自家用車」である。
 ここで、コーディネーターの山崎教授が、都市計画の歴史を総括された。数年前まで、中心市街地の活性化は道路と駐車場を整備して郊外大型店と同じように自動車で買い物をする客に来られるようにしようとしたが、結局失敗した。そして新まちづくり3法が成立し、コンパクトシティをめざすこととなった。これは、歩くことを基本にバスなどの公共交通を整備し、病院や役所なども中心部に移転して移動距離を少なくするまちづくりをしようとするもので、青森や富山で取り組まれている。だが、理想は描かれているものの、まだ実現にはほど遠い。解決は簡単ではなく、ヨーロッパでは、インナーシティ問題として30年近く苦しんできて、近年のLRT(低床路面電車)導入や中心市街地への乗入税などにつながっている。

 もう一つは、住宅の「質」の問題である。
 実は住宅の供給量は需要を上回っている。ただ、高齢世代で空間が余り、若い子育て世代では空間が不足している。さらに高齢世代では古い住宅が多く空間の質が低い。そこで、手を加えて質を上げるとともに、若い世代に置き直す「コンバージョン」が必要となっている。つまり、高齢世代の住宅を様々な手法で「減築」し、若い世代に貸したり譲渡したりすることで空間を豊かに活用し、多様な世代からなる地域社会を維持・再生しようとする試みである。

 「減自家用車」問題にせよ「減築」問題にせよ、原理はもっともだが、実現にはさまざまな困難があり、手法の実験と長い時間が必要だ。そして、失敗に学びつつ、考えや行動を修正し、徐々に実現に結びつけていくプロセスが不可避である。それは泉さんが今日語ってくれた経営の極意と同じなのだ。 (by E.H)
d0087325_20274228.jpg

[PR]
by hikonekeikan | 2009-05-06 20:49 | 談話室「それぞれの彦根物語」