NPO法人 彦根景観フォーラム

<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

フォト・レポート 歴史まちづくりの現状と課題:彦根市芹橋地区 

彦根景観シンポジウム2010 開催にあたって
フォト・レポート 歴史まちづくりの現状と課題:彦根市芹橋地区 

――――――――――――――――――――――――――――――――――
彦根景観シンポジウム2010   11月23日(祝)  
彦根・芹橋地区のまちづくりを考える
-路地を生かした歴史的まちなみの保存と再生-
第1部 芹橋地区現地視察  11時~12時  四番町スクエア広場 集合 
第2部 シンポジウム      13時~16時  四番町ダイニング3Fホール

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 江戸時代に彦根藩最大の足軽組屋敷があった芹橋地区は、幅員一間半(2.7m)の路地が計画的に作られ、路地に沿って約700戸の足軽組屋敷が整然と配置されて、要所に辻番所、どんつき、くいちがいなどが設置されていました。また、路地に面して土塀が並び、見越しの松が美しく映え、芹川の堤防からは家なみの向こうに彦根城を望むことができました。

 現在これだけの足軽組屋敷が現地に残っているのは、ここ以外にありません。 しかし、この歴史的景観も劣化・改変が進み、最近では、住民の高齢化、空家の増加、老朽化による建替などによって、足軽屋敷は十数件を残すのみとなり、それも次々と壊されて存続の危機に瀕しています。路地も住宅の建て替えなどによりかつての姿を消しつつあります。

 私たちは、歴史的景観の保存と同時に、ここに住む住民や将来の住民である若者にも魅力のあるまちづくりを進める必要があります。
 そこで、シンポジウムの開催に先立ち、芹橋地区の現状を、町並み、路地の景観、交通、コミュニティ、防災の面から写真で紹介します。

芹橋地区の現状と課題:フォト・レポート

1、足軽組屋敷の町並みの現状と課題
(ア)足軽組屋敷
d0087325_913376.jpg
   
(イ)老朽化し、空屋になっている。その後、壊され空地となる。
d0087325_9143543.jpg

2010年7月の景観
d0087325_9154079.jpg

同じ場所の2010年11月現在
d0087325_9161520.jpg

(ウ)修理されている足軽屋敷、修理されるのは、ごくわずか。
d0087325_9165244.jpg
 
(エ)新しい建物への建替。自動車を自宅に駐めることが前提の家。  
d0087325_9175676.jpg

d0087325_9183483.jpg

(オ)アパート(集合住宅)、周囲より高層の住宅
d0087325_9191482.jpg

d0087325_9194479.jpg

 この結果、家並みの不調和、路地の改変が進んでいる
 
2.路地の景観
(ア)歴史的な路地と土塀の再現
d0087325_19324498.jpg

(イ)様々な塀(ブロック塀、目板塀、生け垣、コンクリート塀)
d0087325_19362260.jpg
d0087325_19412911.jpg
d0087325_19424335.jpg
d0087325_19432151.jpg

(ウ)植栽としつらえ(臥竜の松、見越しの松、しゅろ、まきなど)
d0087325_2015997.jpg
d0087325_2031136.jpg
d0087325_2035312.jpg
d0087325_2044681.jpg

d0087325_206615.jpg

(エ)塀と植栽を持たない・前面駐車の家
d0087325_2092283.jpg


3.路地と交通
(ア)歩行者、子ども、高齢者、猫、自転車、自動車
d0087325_20155084.jpg
d0087325_20161533.jpg
d0087325_20163935.jpg
d0087325_20172015.jpg
d0087325_20175189.jpg
d0087325_20182836.jpg

(イ)自動車を進入を前提にした住宅の建て方
d0087325_20494466.jpg

(ウ)路地の狭隘化 電柱、排水路などで路地が狭まっている
d0087325_20222828.jpg



4.コミュニティと防災
(ア)消火バケツの常備
d0087325_20291392.jpg
d0087325_20293982.jpg

(イ)稲荷を祀る。かつては地蔵さんを借りて地蔵盆をした
d0087325_20301060.jpg

[PR]
by hikonekeikan | 2010-11-21 09:31 | 公開講座

彦根景観シンポジウム2010 講師の紹介

彦根景観シンポジウム2010   11月23日(祝)  

彦根・芹橋地区のまちづくりを考える
-路地を生かした歴史的まちなみの保存と再生-

第1部 芹橋地区現地視察  11時~12時  四番町スクエア広場 集合 
第2部 シンポジウム      13時~16時  四番町ダイニング3Fホール


彦根景観シンポジウム 講師のご紹介

1,趣旨説明  「求められる芹橋地区のまちづくり」   
 山崎一眞   (やまざき かずま)
d0087325_2204629.jpg     NPO彦根景観フォ-ラム理事長・
     滋賀大学地域連携センター特任教授
 (株)野村総合研究所研究創発センター主席研究員として、横浜の「みなと未来21」や埼玉の新都心計画などに参画し立案・実現を支援した。
 2002年に滋賀大学産業共同研究センター教授に就任、都市計画論、まちづくり論 、観光まちづくり、コミュニティ・ルネッサンス、中心市街地活性化計画など、さまざまなまちづくりに取り組んでいる。

 滋賀県都市計画審議会会長 滋賀県公共事業評価委員会委員、彦根市都市計画審議会会長 東近江市都市マスタープラン策定委員会委員長、NPO法人彦根景観フォーラム理事長、彦根古民家再生トラスト理事長 など

《著書》 「社会実験一市民協働のまちづくり手法」、「地域政策の道標」、「彦根歴史散歩」など


2,基調講演 「路地を生かした歴史的街並みの保存と再生」  
 西村幸夫   (にしむら ゆきお)d0087325_222076.jpg
     東京大学先端科学技術研究センター教授
 我が国の都市景観計画の第一人者。専門は都市計画、都市保全計画、都市景観計画など。
(財)都市づくりパブリックデザインセンター理事、同まちの活性化・都市デザイン競技審査委員長として、本年1月、彦根市芹橋地区を対象としたデザイン競技発表会で基調講演をされ、その後芹橋地区の住民と芹橋のまちづくりをめぐって懇談された。

 日本イコモス国内委員会委員長、文化審議会文化政策部会委員、日本ユネスコ協会連盟未来遺産委員会委員長など多数。
 犬山市まちづくりアドバイザー、豊田市足助まちづくり事業アドバイザー、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」三重協議会専門委員会委員長、石見銀山調査活用委員会委員、富士山世界文化遺産二県学術委員会委員、「平泉の文化遺産」世界遺産登録推薦書作成委員会委員、「武家の古都・鎌倉」推薦書作成委員会委員、(NPO)全国町並み保存連盟理事などとして、日本各地の地域づくりを支援する。

 《著書》 多数。近著に『まちの見方・調べ方-地域づくりのための調査法入門』(平成22年)、『観光まちづくり-まち自慢からはじまる地域マネジメント』(平成21年)、『西村幸夫 風景論ノート』(平成20年)、『証言・町並み保存』(平成19年)、『まちづくり学 -アイディアから実現までのプロセス-』(平成19年)、『路地からのまちづくり』(平成18年)などがある。


3,事例報告1 「路地を生かしたまちづくり」 
 青木 仁    (あおき ひとし)d0087325_2235325.jpg
     滋賀大学客員研究員、
     東京電力技術開発研究所主席研究員
 建設省(現国土交通省)、世界銀行、都市基盤整備公団等勤務を経て、現職。
 本年3月に滋賀大学経済学部において「路地の再生」を基本とした芹橋のまちづくりについて講演を行い、住民の皆さんと意見交換を行った。

《著書》 「まち路地再生のデザイン―路地に学ぶ生活空間の再生術」(平成22年)、「日本型まちづくりへの転換ミニ戸建て・細街路の復権」学芸出版社 (平成19年)、「日本型魅惑都市をつくる」(平成16年)、『なぜ日本の街はちぐはぐなのか』(平成14年)、『快適都市空間をつくる』(平成12年)など。


4,事例報告2  「路地を生かすために」    
 大窪健之   (おおくぼ たけゆき)d0087325_2253245.jpg
     立命館大学総合理工学院・理工学部教授
 専門は、「環境防災設計学」、「文化遺産防災学」。 地域の文化遺産と、それを取り巻く歴史都市の防災計画を主な対象として、地域の水資源を再生し、都市火災に強い木造文化都市づくりを目指す環境防災水利や環境防災建築の設計を研究している。

 兵庫県・篠山市や京都府・美山町、福岡県・吉井町など歴史的町並みの「住民参加を通じた防災計画の提案」、歴史に見る「伝統的な減災の知恵」の抽出と現代での有効性の評価、京都市清水周辺地域等での防災水利設備の計画設計や、コミュニティ防災センサーの開発など、実践的な社会貢献プロジェクトに参画されている。


5,意見交換会 「芹橋地区のまちづくりを考える」  コーディネータ
 濱崎一志    (はまざき かずし)d0087325_2292195.jpg
     彦根景観フォーラム副理事長
     滋賀県立大学人間文化学部教授
 埋蔵文化財や伝統的建造物などの建築史・都市史的研究および地域文化財を活用した保存修景計画を研究。計画策定を迅速におこなうため、CADやGIS(地理情報システム)の利用を進める。
 海外では、イラク・ハムリン盆地の紀元前3000年頃の円形神殿、パキスタン・ガンダーラの仏教寺院址、シリア・パルミラの紀元後2世紀の地下墓などの遺跡の発掘調査と復元を研究。 国内では、平安時代末期の京都白河における条坊地割りの研究や、中世の寺内町の中核をなした山科寺内町、中世後半の集住形態のひとつである構(かまえ)の研究を進める。

 兵庫県出石町、大分県竹田市、彦根、近江八幡市などで伝統的建造物群の調査を実施し保存を支援している。近年は、空家となった古民家の保存・活用や廃村の保存・活用にも取り組んでいる。

 近江八幡市文化財保護審議会委員、滋賀県景観審議会委員、日本イコモス国内委員会理事、彦根市史編集委員会委員、彦根市都市計画審議会委員、特定非営利法人世界遺産ネットワーク代表


 総合司会:  柴田 いづみ   (しばた いづみ)d0087325_22181085.jpg 
     NPO彦根景観フォーラム副理事長
     滋賀県立大学環境科学部教授
 仏政府給費留学生として仏国立建築学校(旧ボザール)卒業。一級建築士、仏政府公認建築家(D.P.L.G)。
 内閣府地域活性化伝道師、文化庁文化審議会専門委員、内閣府中央防災会議専門委員(民間と市場の力を活かした防災力向上に関する専門調査会)、彦根市、近江八幡市、長浜市の都市計画委員会委員、他各種委員会を歴任。NPO東京いのちのポータルサイト理事、防災・耐震・まちづくりフォーラム実行委員長等。

 彦根市の寺子屋力石における木造伝統構法による耐震改修と普及戦略で、第2回耐震グランプリ内閣総理大臣賞を受賞。
[PR]
by hikonekeikan | 2010-11-19 22:39 | 公開講座

彦根景観シンポジウム2010 11月23日(祝)

彦根景観シンポジウム2010   11月23日(祝)

  彦根・芹橋地区のまちづくりを考える 
       - 路地を生かした歴史的まちなみの保存と再生 -

d0087325_032057.jpg

[開催の趣旨】   路地を生かしたまちづくり
 江戸時代に彦根藩の足軽組の屋敷群があった芹橋地区は、現在も数十棟の組屋敷が残され、幅員一間半(2. 7m)の細い路地と、要所要所に「どんつき」 「くいちがい」などが見られる近世都市の原風景がのこる町です。
 この歴史的景観は、もはやどこにも残っていない貴重なものですが、住民の高齢化、空家の増加、老朽化による建て替えなどによって急速に破壊されています。 ここでは、歴史的景観の保存と同時に、住民や若者にも魅力のあるまちづくりを進める必要があります。
 そこで、「路地を生かす」という観点から、彦根市芹橋地区のまちづくりについて、多くのまちづくりに関わって来られた専門家をお招きし、住民、市民の皆さんと具体的に問題点を出し合い、その原因を探って、解決策を語り合います。

主催:彦根景観フォーラム、彦根辻番所の会、滋賀大学地域連携センター

第1部 現地視察 11時~12時
 芹橋地区の路地および足軽屋敷の現状を視察し、どのような問題が起こっているか解説します。
 案内:彦根辻番所の会、彦根景観フォーラム
 集合:四番町スクエア広場 10時30分より受付開始、雨天決行

第2部 シンポジウム 13時~16時 
場所:四番町ダイニング3Fホール
内容:
 1,趣旨説明  「求められる芹橋地区のまちづくり」  
     山崎一眞(彦根景観フォ-ラム理事長.滋賀大学特任教授)
 2,基調講演 「路地を生かした歴史的街並みの保存と再生」 
     西村幸夫(東京大学大学院教授)
 3,事例報告1 「路地を生かしたまちづくり」 
     青木仁(滋賀大学客員研究員、TEPCO主任研究員)
 4,事例報告2 「路地を生かすために」 
     大窪健之(立命館大学教授)
 5,意見交換会 「芹橋地区のまちづくりを考える」 
     コーディネータ:漬崎一志(滋賀県立大学教授)

 総合司会:柴田いづみ(滋賀県立大学教授)

d0087325_0363421.jpg
  最近取り壊され、空地になった足軽屋敷跡(市指定文化財太田邸近隣)

シンポジウム協賛イベント   ( 11月21日(日)~23日(祝))
垂れ幕で土塀の路地景観を再現! 
 
   善利組足軽屋敷公開と路地再発見

彦根市文化財指定の足軽屋敷を公開
               く中居邸、林邸、太田邸、辻番所、服部邸>
垂れ幕による路地景観の再現
               <中居邸・林邸前の路地にて土塀景観を再現(21日~28日)
【催し】
21日 (日)
 中居邸 ①資料展示城下町絵図、町割り図、甲冑、武具) 10:00-16:00
       ②講演   「若者に“まちぐらし”を」     10:30-12:00
               吉田玲奈さん(京都建築専門学校よしやまち研究室)
       ③狂言(演舞) 「それがしは日曜狂言師でござる」  13:00-14:00
               山本豪一(多賀町在住)
       ④たこ焼き屋、こども弓体験 芹橋2丁目第一自治会  11:00-15:30
 太田邸 写真展、現存足軽屋敷の紹介
 辻番所 辻番所公開(玄関庭よりのぞき窓を見学)
 林邸  屋敷公開(玄関内より見学)

22日 (月) 中居邸 エコーメモリアルオーケストラ・サロンコンサート 10:30-11:30

23日 (祝) 中居邸 資料展示  太田邸 写真展示 10:00-16:00

「路地を活かしたまちづくり」について「きらっと彦根10月号」で特集しています。
d0087325_0272248.jpg

[PR]
by hikonekeikan | 2010-11-15 00:44 | 公開講座

それぞれの彦根物語 11月20日のお知らせ

ひこね街の駅「寺子屋力石」 《談話室》   2010.11.20

 NPO法人彦根景観フォーラムでは、ひこね街の駅「寺子屋力石」で、土曜日の午前中に、 《談話室》を開いています。「それぞれの彦根物語」を話の種に、みんなで語り合い、彦根での楽しみごとを共有し、より充実した生活につなげようという企画です。


【彦根物語78】
「長野主膳の志賀谷「高尚舘」と
             志賀谷村領主 水野氏」

   谷村潤一郎さん (柏原宿古文書を楽しむ会)

【日 時】平成22年11月20日(土) 10:30-12:00
【会 場】ひこね街の駅「寺子屋力石」
     (彦根市河原2丁目3-6 花しょうぶ通り TEL=0749127-2810)

 長野主膳義言が、近江入りして彦根で斬首されるまで21年間でした。そのうちの12年間が国学塾を開いた志賀谷(米原市)相楽院時代であり、また主膳を庇護した志賀谷村領主は、紀州(和歌山県)新宮城主水野土佐守である。これが通説です。

 ところが、平成14年に開催した柏原宿歴史館企画展「志賀谷高尚舘・長野主勝義言と柏原宿の門人巌佐由子」が機縁で、その2年後、阿原代官家・分家の庄屋両家ご子孫から計1,300点余りの所蔵文書をお預かりできました。この所蔵文書から明らかになった表題2項目での新発見と通説への異論を報告したいと思います。

コ-ディネ一夕:山崎一眞(NPO法人彦根景観フォーラム理事長、滋賀大学特任教授)

d0087325_23414240.jpg

【彦根物語77】 「中世の笑い -フランスのファルス(笑劇)の世界と狂言の世界-」   
           小澤 祥子さん(関西大学フランス文学博士) 10月16日(土) 
[PR]
by hikonekeikan | 2010-11-14 23:23 | 談話室「それぞれの彦根物語」

《談話室》それぞれの彦根物語2010.10.16

【彦根物語77】
「中世の笑い ―ファルス(笑劇)の世界と狂言の世界―」    

d0087325_17223819.jpg
















小澤 祥子
(関西大学文学博士)

 彦根に初めて来たのは昭和40年12月です。早大の学生劇団に所属していて、新しい市民会館で「夕鶴」をするためでした。演出をしていた人が彦根東高出身だったのです。吹雪の中、まだ木造だった駅からまっすぐの鄙びた道を歩いて市民会館へ行きました。岩手出身の私には、こんな南で雪が降るとは驚きで、また、赤い紅殻格子の町並みがとても印象的でした。その彦根に17年間(昭和49年から平成3年まで)住むようになるとは夢にも思いませんでした。今は秦荘に住んでいますが、20年前にボランティアグループひこね国際交流会VOICEを結成し日本語教室等で活動を続けているので、私の活動の基盤は今でも彦根です。
大蔵流狂言の稽古も彦根で受けていて、彦根城で発表することもあります。その仲間達と3年前から城西小学校の6年生に狂言を教え、卒業発表のお手伝いをしています。素晴らしい彦根城博物館の能舞台を踏める子供達は何と幸せなことだろうと思います。
この狂言の中で、『濯ぎ川』という人気の高い戦後の新作狂言が、中世フランスのファルス(笑劇)からの翻案(飯沢匡)だということを知り、関西大学で学んで博士論文『中世フランスのファルスと狂言の比較』を2008年に書きました。「彦根物語」のお話があったときは、直接彦根の町とは関係のないファルスと狂言で大丈夫だろうかと躊躇しましたが、当日は『濯ぎ川』の実演などして、とても楽しく発表できました。日本とフランスは遠く隔たっていますが、ファルスと狂言の比較を通して、人間として変わらぬ姿と、社会特に宗教によって表れ方の変わるところを見て、少しでもフランスを身近に感じ、また日本の古典芸能の面白さに触れていただけたら、と思いました。

d0087325_17244327.jpg




d0087325_17252996.jpg




【キーワード】
ファルス=騙し
騙したはずが騙されて
下ネタ
『パトラン先生』
コキュ(寝取られ亭主)
バダン(道化役)
狂言=面白おかしい言葉
和合の笑い
『清水』
『末広がり』
太郎冠者
わわしい女
[PR]
by hikonekeikan | 2010-11-02 17:05 | 談話室「それぞれの彦根物語」