NPO法人 彦根景観フォーラム

<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

多賀里の駅一圓屋敷 「古(いにしえ)の道具展」フォトレポート

「いにしえの道具展」 フォトレポート

       「寿ぎの道具達」を楽しむ


 多賀町一円にある築百五十年の古民家・多賀里の駅一圓屋敷で、今日10月29日(土)から始まった「古(いにしえ)の道具展」「寿ぎの道具達」の様子をフォトでレポートします。

 この展示会は、30日(日)、11月3日(祝・木)10:00~16:00まで、入場無料です。
 30日は特別企画として、エコーメモリアル・チェンバーオーケストラによるアコースティックコンサートが13:30分から開催されます。また、「和・カフェ」が3日間開催されており、そばランチ(多賀そばを使用)、和スイーツが食べられます。

1,一円屋敷の外観 築百五十年の大きくて立派な古民家です。池泉回遊式の庭園もあり、式台玄関を備えた名家です。

d0087325_031634.jpg


2,玄関から座敷の間を見たところです。
d0087325_0321332.jpg


3,手前に見えるのは「嫁入り籠」。一圓家第10代一圓木太夫(いちえんもくだゆう)のもとに、醒ヶ井の江龍清雄の二女が嫁入りしたとき(明治20年頃)に使用したものと伝わっています。派手な装飾はありませんが引き戸と天井が押し上げられる構造で、籠としては豪華なものといえます。
d0087325_0331137.jpg


4,婚礼に使われた道具として、まず袱紗(ふくさ)が展示されています。袱紗は贈り物のうえに架けられて、送り主の気持ちを表すもので、豪華なものが作られました。
これは銀糸で作られた亀の絵柄で、長寿を願う気持ちを表しています
d0087325_035223.jpg


5,座敷の正面に飾られたのは金屏風で、江戸時代の京都で活躍した土佐派の絵に、一圓屋敷に多くの絵を残した内海吉堂(うつみきつどう)が補筆した「秋草鶉(うずら)絵屏風」です。
d0087325_0365465.jpg


6,次の間には、桐の嫁入り箪笥が、運ばれた当時の姿を再現して展示されています。
d0087325_038124.jpg


7,寿ぎの道具としては、婚礼などの祝いの場に使われた食器類や結納などの目録が展示されました。
d0087325_0412020.jpg


明治9年に購入された輪島塗の本膳、二番膳、お櫃(ひつ)や湯桶、お菓子を飾る高杯、さらには重箱や酒をいれた容器など、黒に金の装飾が美しい漆器でとても百二十年近く経つ道具とは思えない輝きを放っています。
d0087325_0434354.jpg
d0087325_0444754.jpg

d0087325_0471254.jpg
d0087325_0475245.jpg


8,そしてひな人形です。男雛の方は公家の衣装を着けているのが普通ですが、武家の服装を
しており、珍しいものです。
d0087325_0484437.jpg


9,2階には、多賀里の駅で毎月第一土曜日に開催している集いの案内チラシに絵を描いている江竜美子さんの原画を屏風に作成したもの、多賀クラブ会員で里の駅で野鳥の森植物観察会のガイドをしておられる中川信子さんの写した植物や自然の写真を、和紙に打ち出し、屏風に貼り付けたものが展示されています。

江竜美子さんの作品
d0087325_050948.jpg


中川信子さんの作品
d0087325_051131.jpg



10,お昼にいただいた「蕎麦ランチ」1,000円です。この蕎麦は多賀で生産される「多賀そば」を手打ちした「こし」のある麺で、そばつゆとの相性もよく、とても美味しいものでした。
d0087325_0541455.jpg


 でも、それ以上に美味しくて感動したのは、手作りの「いもきんとん」のようなお菓子でした。その味は、さつまいもの味とユズの味とほのかな甘さが次々に口に広がって美味しくて不思議な絶品でした。是非味わってみてください。
d0087325_055261.jpg


 和スイーツもいただきました。シフォンケーキと抹茶の組み合わせでしたが意外に合う味わいでした。そして一圓屋敷に伝わるこの抹茶茶碗も大変美しかった。
d0087325_057383.jpg


29日(土)は、多賀在住の宮戸有子さんによるオカリナ・コンサートがありました。
明日は、エコーメモリアル・チェンバーオーケストラによるアコースティックコンサートが13:30分から開催されます。夕方から、そのリハーサルが行われました。
d0087325_059104.jpg


是非、もう一度いってみたいと思います。  堀部
[PR]
by hikonekeikan | 2011-10-30 00:27 | 多賀里の駅・一圓屋敷

多賀里の駅・一圓屋敷「いにしえの道具展」

いにしえの道具展

2011年10月29日(土)・30日(日)・11/3(祝・木)

多賀里の駅 一圓屋敷

 多賀町一円にある多賀里の駅・一圓屋敷では、昨年の秋に、所蔵する屏風を公開し屏風展を開催しました。

今年は「いにしえの道具展」を開催します。第10代一圓杢太夫(もくだゆう)のもとに、江竜清雄の二女が嫁入りするときに使われたとされる「嫁入り駕籠」や「寿ぎの道具たち」を中心に展示します。

里の駅で、ゆっくり日本の古き文化に触れてみてください。

開館時間: 10時〜16時 (入場:無料)

併催行事など
●10月30日(日)13:30〜 エコーメモリアル・チェンバーオーケストラ コンサート
●10月29日(土)13:30〜 宮戸 有子 オカリナ コンサート

●和カフェ  3日間(11:30~15:30)
●多賀産採れたて野菜の販売(10:00~16:00)

d0087325_22292193.jpg

[PR]
by hikonekeikan | 2011-10-20 22:30 | 多賀里の駅・一圓屋敷