NPO法人 彦根景観フォーラム

多賀「里の駅」一圓屋敷 「味噌づくり体験」 & 「もちつき体験」フォト・レポート

多賀「里の駅」一圓屋敷 「味噌づくり体験」 のお知らせ

 多賀クラブ(多賀を元気にする有志の会)とNPO法人彦根景観フォーラムは、多賀町一円の古民家・一圓屋敷を、多賀「里の駅」として地域おこしの拠点とすべく、毎月第一土曜日に、《野菜市》&《集い》を開催しています。 多賀の新しい発見を、一圓屋敷から発信します。

2月7日(土) 10:30~12:00 集い4
「味噌作り体験」  (参加料300円)
  多賀で収穫した大豆から味噌を仕込み、味噌汁と古代米入りご飯をいただきます。
  自分で仕込んだ味噌を持ち帰りたい方は、予約をお願いします。
  (限定10名 実費として4kg 3,000円(参加料含む))
  連絡先:多賀クラブ(中川信子090-8791-4470)

今後の予定
  集い5 3月7日(土) 「ふきのとう三昧」
  集い6 4月4日 (土) 「春の野草を楽しむ」



多賀里の集い3 
もちつき体験 フォト・レポート

 1月10日(土)は「もちつき体験」でした。本当の杵と臼でついたもちは、店で買ったものとは全然ちがって、柔らかくて、しかも力強い歯ごたえ。
 では、フォト・レポートをお楽しみください。

杵と臼で、もちつき体験
① 蒸す
 はじめは、水に浸けた「もちごめ」を「せいろ」で蒸します。 餅米は滋賀羽二重を使用。
d0087325_1244575.jpg
 
② つく 
 蒸し上がると、臼と杵でつきます。ついている人は一般参加者です。
伝統的な餅つきを実際に見て、つき手と手返しの息のあった技に感動。
もちをつく人も手返す人も、動きが早すぎて、室内の光量ではカメラが追いつけません。
d0087325_12445755.jpg


③ つきたて餅の試食
 感心している間につきあがり、小さく丸めて、「きな粉もち」と「大根おろしもち」、「ぜんざい」になりました。よく伸びるおいしい餅を味わいました。この大根おろしが辛い。久しぶりの辛さです。合計4個食べました。
d0087325_12511063.jpg


④不思議な臼
 毎回新しい発見がある一圓屋敷。この日の発見はこの古い臼です。
よく見ると内側に年輪が3つ見えます。つまり、この大きな臼は3つの幹が集まって一本になった木の幹をくりぬいたということ??? 
d0087325_1254757.jpg


⑤ 伝統建築のすばらしさ 棟梁の思い
 同時開催で多賀町商工会主催の建築関係者研修会があり、一圓屋敷の構造説明を滋賀県立大学の濱崎一志教授(工学博士)が講師で行われました。テーマは、「伝統建築のすばらしさ、棟梁の思い」。棟梁でもあるみなさんは熱心に聞かれていました。
d0087325_12562463.jpg

d0087325_12572341.jpg
⑥ 上屋柱
 一圓屋敷は何度も改築、改修がされていて、その後をたどることができます。
濱崎先生の説明によると、当初は茅葺きの農家で、四間取りか六間取りで、
改修された後に合掌づくりの後の上屋柱が残っています。これが上屋柱です。
これも新しい発見。


⑦ 合掌崩し
 「茅葺きを瓦葺きの家に改修することを、「合掌崩し、屋根上げ、大かぐら、
継屋」と一般に呼ぶのですが、多賀ではどう呼びますか」、という先生の質問に、皆さんは「合掌崩し」と答えられました。その後、建物を見て回られました。


d0087325_12574367.jpg

 
⑧ 建具
この建具をみてください。上段に枠がない形式です。濱崎先生は、この形式が年代推定の根拠になるかもと考え、皆さんに質問されたところ、これは近年まであった形式で、これで年代は推定できないという建具屋さんの答えでした。これも発見リストに登録しておこう。
d0087325_1258219.jpg

 

 地元農家の採りたて野菜市です。くるす古代米・カブラ・トマト・ホウレンソウ・イチゴ・ネギ・ニンジン・サラダ葉・大豆・小豆・黒豆・漬け物などいろいろ。
野菜は50円とか100円という値段。赤カブの漬物200円を2個、イチゴ1パック500円を買いました。イチゴはみずみずしい甘さで、とてもお値打ちでした。
d0087325_133474.jpg


 9日の滋賀大学の研究会「農家民宿・二地域居住を考える」の講師としてこられた「ふるさと回帰総研」の先生たちと意見交換。
 この研究会では、今後の農山村の振興を図るうえで、特に、多賀「里の駅」事業を推進するうえでヒントになるお話をいただき、可能性を話し合いました。10日は現地で視察をしていただき、実際にいろいろな方向から見てもらうことができました。
久保多賀町長も交えての話ができ、次回は4月3日に来ていただく予定になりました。
d0087325_13255962.jpg

中央が玉田 樹(たつる)氏(ふるさと回帰総合政策研究所 所長) 著書に『兼業・兼居のすすめ』(東洋経済新報社)がある。国土審議会専門委員、内閣官房地域活性化伝道師。

外に出ると、一圓屋敷から見える山は、雪景色でした。かつて関ヶ原の戦いで敵中突破をした島津軍は、V字に切れ込んだこの五僧峠を越えて近江に逃れ、帰国したそうです。
d0087325_13272065.jpg

でも、民家の庭には、すでに春を告げる「ろうばい」が咲いていました。
d0087325_1328283.jpg

[PR]
by hikonekeikan | 2009-01-24 12:32
<< 第2回 辻番所サロン「芹橋生活... 《談話室》 それぞれの彦根物語... >>